黄化えそ病の症状と対策・予防法

葉先から黄化し、葉に褐色の斑点ができる病気「黄化えそ病」。

その症状と発生原因、対策・予防法をまとめています。

黄化えそ病の症状

黄化えそ病が発生しやすい野菜
キュウリ、シシトウ・トウガラシ、スイカ、トマトピーマン・パプリカ、メロン、など

成長点付近の葉が黄色くなって、褐色から黒色の小さな斑点を生じ、やがて枯れます。

茎、果実にも褐色の斑点を生じ、病気が進むと株全体が枯れてしまいます。

とくに高温時に多発します。

主な原因と伝染経路

ウイルスがアザミウマによって媒介されます。

黄化えそ病の対策・予防法

対策

一度感染すると治すことはできません。

伝染源となるため、発病株は見つけしだい株ごと抜いて処分します。

予防法

ウイルスを媒介するアザミウマを防除することが大切です。

⇛ アザミウマ被害の症状と対策・予防法

また、はさみなどの道具は消毒を徹底します。