カブ(蕪)の病気と害虫

カブ(蕪)の病害虫

カブ(蕪)栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

カブ(蕪)の栽培方法・育て方のコツカブ(蕪)の栽培方法・育て方のコツ

病気

カブに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

白さび病

葉の表面、茎に乳白色の膨れた斑点ができます。

⇛ さび病の症状と対策・予防法

根こぶ病

アブラナ科野菜の連作障害の1つ。

茎葉がしおれては回復を繰り返し、根に大小のこぶができます。

⇛ 根こぶ病の症状と対策・予防法

その他の病気

白斑病葉に灰白色の病斑ができます。
べと病葉に淡褐色の病斑ができ、裏面にすす状のカビが発生します。
モザイク病葉がモザイク症状に、根にも発生し、凹凸が現れ奇形化、肉質が低下します。原因ウイルスをアブラムシが媒介します。

害虫

カブに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

ニセダイコンアブラムシ

体長2mmの暗緑色の小さな虫が集団で棲みつき、吸汁加害します。

モザイク病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アブラムシ被害の特徴と対策・予防法

カブラハバチ

カブラハバチの幼虫

黒藍色をしたイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

⇛ カブラハバチ被害の特徴と対策・予防法

キスジノミハムシ

キスジノミハムシ

成虫(体長3mmほどの甲虫)は葉を、幼虫は根を食害します。

⇛ ハムシ被害の特徴と対策・予防法

ハモグリバエ

ハモグリバエ

乳白色の幼虫が葉肉の中から葉を食害し、葉の表面に絵を描いたような白い筋状の食痕を残します。

⇛ ハモグリバエ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

アオムシ緑色の細かい毛がうっすらと生えた小さなイモムシが、葉を食害します。
コナガ体長10mmほど、淡緑色の幼虫が葉を食害します。
ハスモンヨトウ夜間にイモムシ状の幼虫が葉を食害します。
カブ(蕪)の栽培方法・育て方のコツカブ(蕪)の栽培方法・育て方のコツ