ゴボウの病気と害虫

ゴボウの病害虫

ゴボウ栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

ゴボウの栽培方法・育て方のコツゴボウの栽培方法・育て方のコツ

病気

ゴボウに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

モザイク病

葉に黄色の斑点がモザイク状に現れ、ひどくなると葉は縮み凹凸になります。

原因ウイルスをアブラムシが媒介します。

⇛ ウイルス・モザイク病の症状と対策・予防法

その他の病気

黒斑細菌病葉に黒褐色の病斑ができます。

害虫

ゴボウに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

ゴボウヒゲナガアブラムシ

ゴボウヒゲナガアブラムシ

体長3mmほどで黒褐色の虫が葉裏に群棲し、吸汁加害します。

モザイク病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アブラムシ被害の特徴と対策・予防法

マメハモグリバエ

ハモグリバエ

乳白色の幼虫が葉肉の中から葉を食害し、葉の表面に絵を描いたような白い筋状の食痕を残します。

⇛ ハモグリバエ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

アワダチソウグンバイ体長3mmほどの虫が葉に群棲して吸汁加害し、被害部が白くかすり状になります。ウイルス病を媒介するので注意。
ネキリムシイモムシ状の幼虫が、発芽したばかりの苗を根元から噛み切ります。
ヒメアカタテハイモムシ状の幼虫が葉を食害します。
ゴボウの栽培方法・育て方のコツゴボウの栽培方法・育て方のコツ