キュウリの病気と害虫

キュウリの病害虫

キュウリ栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

キュウリの栽培方法・育て方のコツキュウリの栽培方法・育て方のコツ

病気

キュウリに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

うどんこ病

葉の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。

⇛ うどんこ病の症状と対策・予防法

炭疽病

炭疽病になったキュウリの葉

葉に丸い黄褐色の病斑ができ、葉が古くなると穴があきます。

⇛ 炭疽病の症状と対策・予防法

つる割病

下葉がしおれ黄化します。症状が進行すると株元の茎が縦に割れ、カビが発生します。

⇛ つる割病の症状と対策・予防法

べと病

キュウリの葉に現れた「べと病」の症状

キュウリで最も被害が大きい病気。

葉に葉脈に囲まれた淡褐色の病斑ができ、裏面にすす状のカビが発生します。

⇛ べと病の症状と対策・予防法

その他の病気

モザイク病葉に緑の濃淡のモザイク症状が出て、生育や着果が悪くなります。原因ウイルスをアブラムシが媒介します。
菌核病白い綿状のカビに覆われ、やがて表面にネズミの糞のような黒い塊(菌核)ができます。
つる枯病茎の地ぎわに淡褐色の病斑ができ、軟化して枯れます。
斑点細菌病葉に黄褐色の病斑ができます。細菌性の病気なので発病株は抜き取り処分、土壌消毒します。

害虫

キュウリに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

ウリハムシ

ウリハムシ被害を受けるキュウリ

体長7〜8mmで茶色の甲虫が、葉をや果実を食害して穴だらけにしてしまいます。

⇛ ウリハムシ被害の特徴と対策・予防法

オンシツコナジラミ

野菜の害虫「コナジラミ」

体長2〜3mmで白い羽の虫が群棲し、葉を吸汁加害します。

⇛ コナジラミ被害の特徴と対策・予防法

ナミハダニ

暗赤色の小さい虫が葉裏に群棲して吸汁加害し、葉に白い斑点ができます。

⇛ ハダニ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

アブラムシ体長1〜4mmの小さな虫が集団で棲みつき、吸汁加害します。モザイク病のウイルスを媒介するため注意。
ネコブセンチュウ根に寄生し、根を腐らせたり葉を枯らせる土壌病害虫。
ウリノメイガ体長25mmほどの緑色をしたイモムシ状の幼虫が、葉や花を食害します。(別名:ワタヘリクロノメイガ)
キュウリの栽培方法・育て方のコツキュウリの栽培方法・育て方のコツ