アザミウマの特徴と対策・予防法

吸汁加害に加えウイルス病を媒介する害虫「アザミウマ」。

アザミウマ被害の特徴と、対策・予防法をまとめています。

アザミウマの特徴

アザミウマが発生しやすい野菜
アスパラガスキュウリ、シシトウ・トウガラシ、スイカ、タマネギトマトニラネギピーマン・パプリカ、メロン、ラッキョウ、など

新芽や新葉のすき間に体長1〜2mmの小さな成虫や幼虫が寄生し、吸汁加害します。

吸汁された部分が壊死するので、果実では肥大が止まってケロイド状の傷がつきます。葉では色が抜けて白っぽくなります。

また、ミナミキイロアザミウマは「黄化えそ病」のウイルスを媒介するため、注意が必要です。

7月〜9月の高温期に多く発生します。

アザミウマの対策・予防法

対策

花などに入り込む性質上、駆除するのは難しいです。

葉や新芽に症状が現れたら、こまめに摘み取っていくのが上策。

農薬(殺虫剤)を使う場合は、「ベニカベジフルスプレー」などが有効です。幅広い害虫に効果があり、速効性と持続性を兼ね備えているため、1つあると何かと便利です。

予防法

発生源となる雑草の除草を徹底します。

害虫の飛来防止に銀色の光反射テープを張る

成虫は反射光を嫌うので、シルバーマルチを敷いたり、銀色の光反射テープを周囲に張ったりするのも効果的です。

また、コンパニオンプランツとしてマメ科の緑肥作物「クリムソンクローバー」を一緒に植えることで、アザミウマをクリムソンクローバーが引き受けてくれ、天敵も呼び寄せてくれます。

⇛ コンパニオンプランツの組み合わせと効果