ブロッコリーの病気と害虫

ブロッコリーの病害虫

ブロッコリー栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

ブロッコリーの栽培方法・育て方のコツブロッコリーの栽培方法・育て方のコツ

病気

ブロッコリーに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

軟腐病(なんぷびょう)

暗緑色で水浸状になり、軟化して独特の悪臭を放ち腐敗します。

⇛ 軟腐病の症状と対策・予防法

モザイク病

葉全体にやや黄化したモザイク症状が発生します。一般的に花蕾球での異常はありません。

原因ウイルスをアブラムシが媒介します。

⇛ ウイルス・モザイク病の症状と対策・予防法

その他の病気

ピシウム腐敗病茎では地ぎわが白くなり、水浸状の病斑となります。苗では褐色の病斑ができたのち、苗全体が倒れてしまいます。
根こぶ病茎葉がしおれては回復を繰り返し、根に大小のこぶができます。
べと病葉に淡褐色の病斑ができ、裏面にすす状のカビが発生します。

害虫

ブロッコリーに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

アオムシ(モンシロチョウの幼虫)

緑色の細かい毛がうっすらと生えた小さなイモムシが、葉を食害します。

⇛ アオムシ被害の特徴と対策・予防法

ニセダイコンアブラムシ

体長2mmの暗緑色の小さな虫が集団で棲みつき、吸汁加害します。

モザイク病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アブラムシ被害の特徴と対策・予防法

ハスモンヨトウ

ハスモンヨトウ(ヨトウムシ)

茶色でイモムシ状の幼虫が葉を食害します。

⇛ ヨトウムシ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

コナガ体長10mmほど、淡緑色の幼虫が葉を食害します。
ハイマダラノメイガイモムシ状の幼虫が芯の部分に寄生して、新芽をつづり合わせて食害します。(別名:芯食い虫)
タマナギンウワバ緑色のイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。(ヤガ類)
ブロッコリーの栽培方法・育て方のコツブロッコリーの栽培方法・育て方のコツ