コマツナ(小松菜)の病気と害虫

コマツナ(小松菜)の病害虫

コマツナ(小松菜)栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

コマツナ(小松菜)の栽培方法・育て方のコツコマツナ(小松菜)の栽培方法・育て方のコツ

病気

コマツナに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

白さび病

葉の表面、茎に乳白色の膨れた斑点ができます。

⇛ さび病の症状と対策・予防法

炭疽病(たんそびょう)

葉に淡灰緑色の斑点ができ、やがて黄化し葉枯れ状になります。

⇛ 炭疽病の症状と対策・予防法

その他の病気

萎黄病葉の片側が網目状に黄色くなり、やがて奇形化し、しおれていきます。
モザイク病葉に濃淡のモザイク模様が現れ、ひどくなると葉は縮れて奇形化します。
苗立枯病地ぎわ付近の茎や根が腐敗し、やがて株全体が枯れます。

害虫

コマツナに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

アオムシ(モンシロチョウ)

コマツナを食害するアオムシ

緑色の細かい毛がうっすらと生えた小さなイモムシが、葉を食害します。

⇛ アオムシ被害の特徴と対策・予防法

カブラハバチ

カブラハバチの幼虫

黒藍色をしたイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

⇛ カブラハバチ被害の特徴と対策・予防法

キスジノミハムシ

キスジノミハムシ

成虫(体長3mmほどの甲虫)は葉を、幼虫は根を食害します。

⇛ ハムシ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

アブラムシ茎や葉に小さな虫が群棲して吸汁加害します。モザイク病のウイルスを媒介するため注意。
コナガ体長10mmほど、淡緑色の幼虫が葉を食害します。
ハイマダラノメイガ赤褐色のイモムシが成長点を食べてしまいます。
ハスモンヨトウ夜間にイモムシ状の幼虫が葉を食害します。
コマツナ(小松菜)の栽培方法・育て方のコツコマツナ(小松菜)の栽培方法・育て方のコツ