コナジラミ被害の特徴と対策・予防法

吸汁加害に加えウイルス病を媒介する害虫「コナジラミ」。

コナジラミ被害の特徴と、対策・予防法をまとめています。

コナジラミ被害の特徴

コナジラミが発生しやすい野菜
インゲン キュウリ トマト メロン

成虫は体長1mmほどの白い虫で、様々な植物に寄生します。

葉裏に群棲して吸汁加害し、揺らすと白い粉が舞ったように飛び立ちます。

吸汁の被害により、葉が白く退色し生育が悪くなります。

また、多発すると枯死したり、すす病や「ウイルス病」の原因にもなるため、注意が必要です。

コナジラミの対策・予防法

対策

コナジラミは水に弱いので、葉裏に水を吹きかけます。水を散布しただけでも密度が下がります。

確実に防除するには薬剤散布が必要です。

有効なものに、有機農産物栽培(有機JAS)にも使える「アーリーセーフ」「ベニカマイルドスプレー」などがあります。

予防法

コナジラミは高温で乾燥した環境を好むため、ハウス内や、露地栽培でも雨除けをすると発生しやすくなります。

MEMO
トマトなどでは雨除けをすることで「疫病」を防ぎ、実割れを少なくすることができますが(参考記事)、コナジラミがつきやすくなります。

コナジラミを防ぐのであれば、露地栽培で雨除けを設置しないことです。

また、コナジラミは黄色に誘引される性質を利用して、黄色の粘着板や粘着テープを株の周囲に設置すると効果的です。

野菜の育て方