スイカの病気と害虫

スイカの病害虫

スイカ栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

スイカの栽培方法・育て方のコツスイカの栽培方法・育て方のコツ

病気

スイカに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

炭疽病(たんそびょう)

葉や茎、果実に水浸状で褐色の病斑ができ、その上に黒い小さな点を生じます。

⇛ 炭疽病の症状と対策・予防法

つる割病

葉がよじれて枯れます。

茎は黄褐色になってヤニを出し、白色から淡紅色のカビが生えます。

⇛ つる割病の症状と対策・予防法

その他の病気

うどんこ病葉の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。
疫病葉、茎に暗緑色の病斑ができます。果実には水浸状の凹んだ病斑ができ急に拡大していきます。
黄化えそ病葉が黄化してえそ斑点を生じ、症状が激しいと株全体が枯れてしまいます。原因ウイルスをミナミキイロアザミウマが媒介します。
つる枯病葉に褐色の病斑、ツルには水浸状の病斑ができて次第に拡大し、やがて株全体が萎れて枯れます。
苗立枯病苗の茎の地際部が褐色になって腐り、やがて枯れてしまいます。

害虫

スイカに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

ワタアブラムシ

体長1〜2mmの小さな虫が集団で棲みつき、吸汁加害します。

多発すると「すす病」を誘発するので注意。

⇛ アブラムシ被害の特徴と対策・予防法

ウリハムシ

スイカの葉についているウリハムシ

体長7〜8mmで茶色の甲虫が、葉を食害して穴だらけにしてしまいます。

⇛ ウリハムシ被害の特徴と対策・予防法

ナミハダニ

肉眼で見えないほど小さい虫が葉裏に寄生して吸汁加害し、葉に白い斑点ができます。

ビニールトンネルなどの雨よけをかぶせると生育や実つきがよくなりますが、ハダニがつきやすくなります。

⇛ ハダニ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

ミナミキイロアザミウマ体長1〜2mmの小さな成虫や幼虫が寄生し、吸汁加害します。黄化えそ病のウイルスを媒介するため注意。
オオタバコガイモムシ状の幼虫が蕾や果実を食害します。
スイカの栽培方法・育て方のコツスイカの栽培方法・育て方のコツ