ジャガイモの病気と害虫

ジャガイモの病害虫

ジャガイモ栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

ジャガイモ栽培ジャガイモの栽培方法・育て方のコツ

病気

ジャガイモに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

疫病(えきびょう)

ジャガイモの疫病

葉に灰褐色で大型の病斑が現れ、葉裏には霧状の白いカビが発生します。

イモにも感染し、患部は褐色に腐敗します。

ソウカ病

糸状菌(カビ)による病気で、イモの表皮にかさぶた状の病斑ができ、イモの肌がでこぼこになます。

ジャガイモに発生した「そうか病」

アルカリ性の土壌で発生しやすいので、石灰の入れすぎに注意。(pH7以上だとほぼ発生します。)

モザイク病

葉にモザイク状の模様や”えそ斑”を生じたり、葉が縮れて小さい、葉色が薄い、などの症状が現れます。

ウイルス病は感染すると治療する方法がありません。種芋の時点で既にウイルスを持っている場合が多いので、無病の種芋を使うことが大切です。

また、アブラムシがウイルスを媒介して、他のジャガイモ株だけでなく、他の野菜にも感染する場合があるので、早めに抜き取って焼却処分すること。

その他の病気

青枯病葉が黄変することなく、急速にしおれて枯れます。
黒あし病地ぎわの茎が黒色に腐敗し、イモ表面も黒褐色になって腐敗します。
半身萎凋病株の片側の葉が黄化してしおれ、範囲が拡大して枯れます。

害虫

ジャガイモに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

アブラムシ

葉に群棲するワタアブラムシ

体長1〜4mmの小さな虫が集団で棲みつき、吸汁加害します。

モザイク病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

ホオズキカメムシ

ホオズキカメムシ

成虫・幼虫ともに茎に群がって吸汁加害します。

被害株は成長が悪くなります。

テントウムシダマシ(オオニジュウヤホシテントウ)

益虫のテントウムシと違い、黒い斑点が28個と多いのは害虫のテントウムシダマシ。

成虫・幼虫ともに葉を食害します。

ネキリムシ

苗の茎を地ぎわで食いちぎるネキリムシ(ヤガ類(夜蛾)の幼虫)。

ジャガイモのイモに穴をあけて食害もします。

その他の害虫

ヨトウムシ夜間にイモムシ状の幼虫が葉を食害します。主にシロイチモジヨトウ、ハスモンヨトウ。

病害虫予防のポイント

ジャガイモ栽培で病害虫を予防するためのポイント。

種芋

食用のジャガイモを植えると病気が出ることがあるので、種芋用として販売されている無病の種芋を利用しましょう。

種芋用のジャガイモ

植え付ける時の種芋の大きさは、1片40〜60gが目安。大きすぎると抵抗力が弱く、病気に感染しやすくなります。

春作では種芋を切り分けて使うことができますが、秋作では地温が高いので、切ると腐りやすくなります。小さめの種芋を選んで、丸ごと植え付けましょう。

連作障害・コンパニオンプランツ

ジャガイモは連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を2〜3年あけるようにします。

また、近くに同じナス科の野菜があると病害虫が増え、キャベツがあると他感作用(アレロパシー)が起こってジャガイモの生育が悪くなるため、これらの野菜とは離して植えるようにしましょう。

肥料は控えめに

イモのまわりに有機物があると病原菌や害虫の攻撃を受けなすくなります。ジャガイモは少ない肥料でも育つので、肥料は控えめにしましょう。

肥料を控えればアブラムシテントウムシダマシの被害も抑えることができます。

ジャガイモ栽培ジャガイモの栽培方法・育て方のコツ