サトイモ(里芋)の病気と害虫

サトイモ(里芋)の病害虫

サトイモ(里芋)栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

サトイモ(里芋)の栽培方法・育て方のコツサトイモ(里芋)の栽培方法・育て方のコツ

病気

サトイモに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

モザイク病

葉に黄色のモザイク模様が現れ、萎縮します。

原因ウイルスをアブラムシが媒介します。

⇛ ウイルス・モザイク病の症状と対処・予防法

その他の病気

疫病葉に黄褐色の病斑が生じ、全体に広がります。
軟腐病イモの筋が赤くなりスポンジ状に。葉は葉脈間が褐色になりしおれて倒れます。
根腐病土壌中のカビを原因とし、外側の葉から黄色くなり垂れて枯れます。

害虫

サトイモに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

ワタアブラムシ

小さな虫が葉裏に群棲して吸汁加害します。

モザイク病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アブラムシ被害の特徴と対策・予防法

セスジスズメ

サトイモを食害するセスジスズメの幼虫

体長8cmほどで角があるイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

大食漢で、成長した幼虫に食害されると、葉が食い尽くされて葉脈だけになってしまいます。

その他の害虫

カンザワハダニ肉眼で見えないほど小さい虫が葉裏に寄生して吸汁加害し、葉がすすけたようになります。
ハスモンヨトウイモムシ状の幼虫が、夜間に葉を食害します。
サトイモ(里芋)の栽培方法・育て方のコツサトイモ(里芋)の栽培方法・育て方のコツ