ダイコン(大根)の病気と害虫

ダイコン(大根)の病害虫

ダイコン(大根)栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

ダイコン(大根)の栽培方法・育て方のコツダイコン(大根)の栽培方法・育て方のコツ

病気

ダイコンに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

萎黄病(いおうびょう)

下葉からしだいに黄化・萎縮・奇形化、やがてしおれていきます。

⇛ 萎黄病の症状と対策・予防法

軟腐病(なんぷびょう)

組織が水浸状になり、軟化して独特の悪臭を放ち腐敗します。

⇛ 軟腐病の症状と対策・予防法

べと病

葉に黄色の小さい病斑ができ、裏面にすす状のカビが発生します。

⇛ べと病の症状と対策・予防法

その他の病気

黒腐病葉柄や葉脈が黒くなり、根を切断すると導管が黒変しています。
白さび病葉裏に乳白色の膨れた斑点ができ、白い粉状の胞子のうができます。
腐敗病次々と葉がしおれ、つけ根には水浸状の病斑、組織は軟化して水分をなくしてへこみます。
モザイク病葉に濃淡のモザイク模様が現れ、ひどくなると葉は縮れて奇形化します。原因ウイルスをアブラムシが媒介します。

害虫

ダイコンに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

カブラハバチ

カブラハバチの幼虫

黒藍色をしたイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

⇛ カブラハバチ被害の特徴と対策・予防法

ダイコンハムシ

体長1cmに満たない、黒色の幼虫、成虫(丸い形をした甲虫)が、葉を食害します。

⇛ ハムシ被害の特徴と対策・予防法

ヨトウムシ

ダイコンについていたヨトウムシ

体長3cmほど、淡緑色をしたイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

⇛ ヨトウムシ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

アオムシ緑色の細かい毛がうっすらと生えた小さなイモムシが、葉を食害します。
ニセダイコンアブラムシ体長2mmの暗緑色の小さな虫が集団で棲みつき、吸汁加害します。モザイク病のウイルスを媒介するため注意。
ネキリムシ体長4cmほどのイモムシ状の幼虫が、地ぎわで苗を噛み切ります。
キスジノミハムシ成虫(体長3mmほどの甲虫)は葉を、幼虫は根を食害します。幼虫による根部表面の肌あれや食痕は軟腐病の原因にもなるため、注意が必要。
ハイマダラノメイガ体長1.5cmほど、淡褐色をしたイモムシ状の幼虫が、新芽をつづり合わせて食害します。
ダイコン(大根)の栽培方法・育て方のコツダイコン(大根)の栽培方法・育て方のコツ