インゲン(いんげん豆)の病気と害虫

インゲン(いんげん豆)の病害虫

インゲン(いんげん豆)栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

インゲン(いんげん豆)の栽培方法・育て方のコツインゲン(いんげん豆)の栽培方法・育て方のコツ

病気

インゲンに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

炭疽病(たんそびょう)

葉は葉柄や葉脈に黒褐色の病斑を生じて萎縮。

サヤにはくぼんだ黒褐色の病斑ができます。

⇛ 炭疽病の症状と対策・予防法

モザイク病

葉が緑色濃淡のモザイク模様となったり、葉脈に沿って濃淡ができたりします。

原因ウイルスをアブラムシが媒介します。

⇛ ウイルス・モザイク病の症状と対策・予防法

その他の病気

かさ枯病葉には黄緑色に縁取られた赤褐色の病斑、サヤには周縁部が赤みを帯びた濃緑色の病斑が出ます。
すすかび病葉の表面に暗褐色の病斑ができ、その表面にカビが発生します。

害虫

インゲンに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

アズキノメイガ

アズキノメイガに食害されたインゲン

幼虫が茎やサヤに潜り込んで食害します。

侵入口からふんを出すので、サヤに穴が開いていていれば要確認。見つけたらサヤを切り取って処分します。

⇛ メイガ被害の特徴と対処・予防法

カメムシ

インゲンに寄生するカメムシ

花が咲き終わってさやができ始める頃から、カメムシがやってきます。

さやが吸汁されると、落果したり、豆が入らなかったり、豆が変形したりします。

⇛ カメムシ被害の特徴と対策・予防法

マメハモグリバエ

体長3mmほどの乳白色の幼虫が葉肉の中から葉を食害し、葉の表面に絵を描いたような白い筋状の食痕を残します。

⇛ ハモグリバエ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

アブラムシ小さな虫が葉やサヤに群生して吸汁加害します。モザイク病を媒介するため注意。
オンシツコナジラミ葉裏に寄生して吸汁加害します。
コガネムシ成虫が葉を食害します。(成葉を食べるため、生育や収量への影響は小さい。)
ダイズシストセンチュウ根に寄生して養分吸収が阻害され、生育不良になります。
ハスモンヨトウ夜間にイモムシ状の幼虫が葉を食害します。
インゲン(いんげん豆)の栽培方法・育て方のコツインゲン(いんげん豆)の栽培方法・育て方のコツ