農業がテーマの漫画・コミック

農業や農的ライフスタイルを題材にした、オススメの漫画・コミックをまとめています。

農業

百姓貴族

「鋼の錬金術師」の著者「荒川弘」さんの実家は北海道の農家。

そこでの日常を、笑いあり・食べ物の豆知識ありで描く、農家あるあるエッセイ。

やまむ
やまむ

実家が北海道の農家という著者、なのでスケールがデカイ。

農家あるある的な内容で、ケタケタ笑いながら全巻読破。笑いだけでなく、食べ物の豆知識も盛り込まれており、タメにもなります。

酪農

銀の匙 Silver Spoon

これも同じく「荒川弘」さんの作品。

北海道の農業高校を舞台に、仲間との出会いや、農業や酪農の体験を通じて成長していく姿を描く、青春マンガ。

やまむ
やまむ

面白くて大人買い。

農業に関わっていない人にも面白いと思います。農業従事者なら尚更。

青果市場

うちのダンナは野菜バカ。

青果市場で働くダンナとの日常を描いた爆笑コミックエッセイ。

やまむ
やまむ

農業従事者なら知っておきたい、青果市場の世界。勉強になることばかりです。

野菜や果物の豆知識も満載で、ケタケタ笑いながら読めます。超面白い。

八百森のエリー

青果市場の仲卸会社で働く新入社員の奮闘記。

やまむ
やまむ

「うちのダンナは野菜バカ。」と同じ舞台で、そのキャラクターも登場します。

前作は4コマ漫画のエッセイでしたが、今作はストーリーがあるのでさらに読み応えあり。

相変わらずキャラクターも面白くて、笑いながら楽しく読めます。もちろん役立つ知識も満載。

害獣駆除

罠ガール

害獣駆除の現場をリアルに、わかりやすく、かわいく描いた、罠猟コミック。

やまむ
やまむ

罠猟免許を持つ女子高生?と思いながら、読んでみるとキャッチーでいろんな雑学を知ることができます。

大切に育てた農作物が野生動物に食べられると本当に凹みます。対策してもイタチごっこ。

この本読んで興味が湧き、しっかり勉強して罠猟免許をとってやろうかと思案中。

食と農

もやしもん

農業大学を舞台に、菌が肉眼で見える主人公とその仲間が、発酵や醸造について学んでいくお話。

食と農がメインテーマ。【全13巻】

やまむ
やまむ

昔チラッと読んだことあったけど、農業かじりだしてから再読してハマった。

とにかく菌の絵が可愛いくて、読んでるとその魅力にどっぷり浸かります。梅雨時にパンにカビ生えたの見たら、今までと見方が変わりそう。

実際コレ読んで農学に興味持った人も多いんだろなと思ったり。

有機農業やりながら、実は肥料の発酵とかあまり理解できてなかったんですが、、これを機にちゃんと勉強しようと思います。

リトル・フォレスト

田舎で自給自足の生活を送る女の子の話。

手間隙かけて作られる食べ物・レシピがとにかく美味しそう。スローフードのレシピ本にも。【全2巻】

やまむ
やまむ

スローフード、ロハス、田舎暮らしと聞くと、少し前に流行ったファッション的なモノを感じますが、この作品は本来のソレで、自然と共に生きている姿が描かれています。とっても素敵な漫画。

また、この作品は春夏秋冬編の4部構成で映画にもなっていますが、動画なのでレシピなどもわかりやすくて参考になります。

やまむ
やまむ

このコミックがきっかけで、自給自足、スローフードなどに興味を持ち始めたんだけど、その映画版は美しい景色と料理がどれも本当に美味しそう。

昔ながらの保存食や四季折々のレシピなど、動画なのでわかりやすい。参考にすべく側に置いておきたいくらい。

スローライフと言いながら実際は大変で忙しいんだけど、こういう、自然と共にちゃんと生きているみたいな生活はやはり憧れであり、次のライフステージはこういう形にするんだ絶対。