コマツナ(小松菜)の栽培方法・育て方のコツ

コマツナ(小松菜)の栽培

家庭菜園の初心者の方向けに、コマツナ(小松菜)の栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

コマツナ栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

コマツナ栽培の特徴

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
コマツナ アブラナ科 5.5〜6.5 連作可能

江戸時代から東京で作られており、小松川地区の地名から名前が付いた関東の代表的な菜っ葉「コマツナ(小松菜)」。

短期間で育つ野菜なので、元肥と堆肥をしっかりと施し一気に育てます。

種まきは春まき〜秋まきまでできますが、冷涼な時期に栽培したものは甘くて柔らかいので、秋まきがオススメです。

栽培のポイント

  • 畑に直播きして間引きしながら育てる
  • 秋まきは9月下旬に種まき後、2週間おきに分けてまくと長く収穫できる

コマツナの栽培時期

コマツナの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

春まきと秋まきができ、それぞれ畑へ直播きします。

コマツナ(小松菜)の栽培時期・栽培スケジュール

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

コマツナの栽培方法

コマツナの栽培方法は、次のような流れになります。

土作り

コマツナは肥料好きなので、たっぷりの元肥と堆肥を鋤き込んで耕しておきます。

条間15〜20cmほどを確保して、畝を立てます。

pHは5.5〜6.5が目安です。

肥料

葉を収穫する野菜なので、生育初期から窒素を切らさないようにします。「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

種まき

コマツナ(小松菜)の種
コマツナ(小松菜)の種まき

種は畑に直播きします。

条間15〜20cmでまき溝をつけ条播きに。軽く覆土をして鎮圧し、たっぷりと水をやります。

11月以降も種まきはできますが、寒くなってからは防寒対策が必要。種をまいた上から寒冷紗や不織布をベタ掛けしておきます。

連作障害・コンパニオンプランツ

コマツナは連作障害が出にくいため、同じ場所での連作が可能です。

また、アブラナ科野菜のコマツナには、「モンシロチョウ」や「コナガ」の幼虫が寄生して葉を食害します。

そこで「コンパニオンプランツ」として、これらが嫌うキク科の野菜(シュンギク、レタスなど)を近くに植えることで、害虫がつくのを防ぐ効果があります。

防虫ネットを掛ける

防虫ネットを掛ける

本葉が3枚程度までの生育期に害虫にあうと致命的になるため、防虫ネットや不織布を掛けておくと安心です。

間引き

コマツナ(小松菜)の間引き
コマツナ(小松菜)の間引き

本葉2枚の頃に間引きをして、株間を3〜5cmにします。

間引きはハサミで行います。苗を直接抜くと他の苗を痛めてしまうので注意。

追肥

コマツナ(小松菜)の追肥

草丈が5〜7cmくらいになったら追肥をします。

条間にパラパラと肥料を施し、除草を兼ねて中耕しておきます。

防寒対策

寒さの中で甘みを蓄えるコマツナですが、温度の低下に伴って葉が枯れやすくなります。

春まで収穫したい場合は、霜が降りる頃から寒冷紗でトンネルを掛けておきます。

収穫

収穫期のコマツナ(小松菜)
収穫期のコマツナ(小松菜)
コマツナ(小松菜)の収穫

草丈が20〜25cmになれば収穫時期です。

ハサミで根元を切って収穫します。(または、手で株元を掴み、根ごと抜き取ります)

草丈30cmくらいまでには収穫してしまいましょう。大株になりすぎると固くなり葉にアクが出てきます。

収穫遅れで赤くなったコマツナ(小松菜)

写真は収穫が少し遅れたもの。茎の部分が赤くなり、筋っぽくて美味しくありませんでした…

発生しやすい病害虫

コマツナに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

萎黄病(いおうびょう)

葉の片側が網目状に黄色くなり、やがて奇形化し、しおれていきます。

⇛ 萎黄病の症状と対策・予防法

白さび病

葉の表面、茎に乳白色の膨れた斑点ができます。

⇛ さび病の症状と対策・予防法

炭疽病(たんそびょう)

葉に淡灰緑色の斑点ができ、やがて黄化し葉枯れ状になります。

⇛ 炭疽病の症状と対策・予防法

苗立枯病(なえたちがれびょう)

地ぎわ付近の茎や根が腐敗し、やがて株全体が枯れます。

⇛ 苗立枯病の症状と対処・予防法

べと病

葉に淡褐色の病斑ができ、裏面にすす状のカビが発生します。

⇛ べと病の症状と対策・予防法

モザイク病

葉に濃淡のモザイク模様が現れ、ひどくなると葉は縮れて奇形化します。

⇛ ウイルス・モザイク病の症状と対策・予防法

害虫

アオムシ(モンシロチョウ)

コマツナを食害するアオムシ

緑色の細かい毛がうっすらと生えた小さなイモムシが、葉を食害します。

⇛ アオムシ(モンシロチョウ)の特徴と対策・予防法

カブラハバチ

カブラハバチの幼虫

黒藍色をしたイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

⇛ カブラハバチの特徴と対策・予防法

キスジノミハムシ

成虫(体長3mmほどの甲虫)は葉を、幼虫は根を食害します。

⇛ キスジノミハムシの特徴と対策・予防法

コナガ

体長10mmほど、淡緑色の幼虫が葉を食害します。

⇛ コナガの特徴と対策・予防法

ハモグリバエ

ハモグリバエ

乳白色の幼虫が歯肉の中から葉を食害し、葉の表面に絵を描いたような白い筋状の食痕を残します。

⇛ ハモグリバエの特徴と対策・予防法

ハスモンヨトウ

ハスモンヨトウ(ヨトウムシ)

イモムシ状の幼虫が葉を食害します。

⇛ ヨトウムシの特徴と対策・予防法

他にも「コマツナ」関連の記事を読む