シュンギク(春菊)の栽培方法・育て方のコツ

シュンギク(春菊)の栽培方法・育て方のコツ

家庭菜園の初心者の方向けに、シュンギク(春菊)の栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

シュンギク栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

シュンギク栽培の特徴

シュンギク(春菊)栽培の様子

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
シュンギク キク科 6.0〜6.5 あり:輪作年限1〜2年

独特の香りが人気の葉物野菜で、摘み取り収穫で長期間収穫できるので家庭菜園にもオススメ。

関東以北では「シュンギク」、関西では「キクナ」と呼ばれています。

品種により葉の形や茎の太さに違いがあり、葉の大きさによって大葉種・中葉種・小葉種に大別されます。国内でよく栽培されているのは中葉種で、大きく分けて二つのタイプがあります。

  • 茎が伸びやすく摘み取り収穫に向く「株立ち型
  • 株元から側枝がたくさん出る「株張り型」(抜き取り収穫向き)
株立ち型のシュンギク(春菊)
株張り型のシュンギク(春菊)

株張り型は関西で多く栽培されており、葉柄がやわらかく、葉が厚めで日持ちがよいのが特徴。先端を摘み取ってもわき芽が出にくいので、ある程度の大きさに育ったら株元から抜き取って収穫します。

また、シュンギクは病害虫が少なく作りやすいキク科の野菜。アブラナ科の野菜に発生する害虫を防ぐ効果もあるため、コンパニオンプランツとしてもオススメです。

栽培のポイント
  • 株立ち型と株張り型で収穫方法が異なる
  • 春の遅まきは日照の長さと高温でとう立ちする場合があるので注意
  • 肥料が好きなので、元肥となる堆肥は多めに鋤き込んでおく

シュンギクの栽培時期

シュンギクの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

シュンギク(春菊)の栽培時期・栽培スケジュール

春まきと秋まきができますが、冷涼な気候を好むので、育てやすいのは秋まきです。

高温、長日条件でとう立ちするので、春まきは遅くならないように注意。

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

シュンギクの栽培方法

シュンギクの栽培方法は、次のような流れになります。

土作り

種まきの3週間前に堆肥を、2週間前に石灰を入れて耕しておきます。

シュンギクは酸性土壌を嫌うので、土壌酸性度(pH)を適正に調整しておきましょう。pHは6.0〜6.5が目安です。

その後、植え付け1週間前に元肥を入れ、株間15cm、条間20〜30cmを確保して、畝を立てます。

肥料

シュンギクは、多めの肥料を好むので、元肥を多めに入れます。

ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

連作障害

シュンギクは、連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を1〜2年あけるようにします。

また、シュンギクは、キク科特有の香りがアブラナ科につく害虫を防ぐ効果があるため、コンパニオンプランツにもオススメです。

種まき

シュンギク(春菊)の種
シュンギク(春菊)の種まき

条間20〜30cmでまき溝を切り、種が均等になるように条播き。発芽率が悪いので多めに撒きます。

シュンギクの種は発芽の時に光が必要な「好光性種子」なので、覆土はできるだけ薄くし、しっかりと鎮圧しておきます。

また、覆土が薄いと乾燥しやすいため、種蒔き前に水やりして土を十分に湿らせておきましょう。

春まきは育苗して植え付けも可能

シュンギク(春菊)をポットで育苗
シュンギク(春菊)のポット苗を畑に定植

春まきの場合は、ポットで育苗してから畑への植え付けも可能です。

種をポットにばら撒きして、本葉が出たら1、2本に間引き。

本葉4〜5枚の頃に、苗を1本ずつ畑に定植します。

間引き

発芽したシュンギク(春菊)を間引き
間引いたシュンギク(春菊)の株間

発芽したら生育に応じて順次間引きし、最終的に株間15cmにします。

  • 1回目:本葉1〜2枚のとき、株間3cmに間引き
  • 2回目:本葉3〜4枚のとき、株間6cmに間引き(抜き取り収穫する場合はここまで
  • 3回目:本葉7〜8枚のとき、株間15cmに間引き(摘み取り収穫する場合

追肥・土寄せ

シュンギク(春菊)へ追肥
追肥して生長中のシュンギク

2回目、3回目の間引きのとき、中耕しながら溝を掘って追肥し、株元に土寄せをします。

摘み取り収穫の場合は、収穫中も2週間に1度のペースで追肥を続けます。

防寒

不織布でシュンギクを防寒

シュンギクは5℃以下になると生育が衰え、葉が傷みやすくなります。

冬季の間は、不織布のベタ掛けやトンネル栽培で防寒しておきましょう。

収穫

収穫時期のシュンギク(春菊)
シュンギクの収穫・摘み取り
収穫したシュンギク(春菊)

摘み取り収穫

摘み取り収穫する場合、草丈20cmほどになったら、下の葉4〜5枚を残して主枝の先端を摘心します。(これが最初の収穫になります。)

シュンギクの摘芯

こうすることで主枝の生長が止まり、次々と「わき芽」が出てくるようになるので、その「わき芽」を摘み取って収穫します。

シュンギク(春菊)を摘芯してわき芽を摘み取り収穫

わき芽が伸びてきたら、葉を1〜2枚ほど残して摘み取って収穫します。この方法で収穫を繰り返します。

MEMO
良質のわき芽を次々と出させるには、摘み取り収穫中も追肥を続けることがポイント。

抜き取り収穫

抜き取り収穫の場合は、地際から側枝が次々と伸びだすので、草丈20cmほどになったら、根から株ごと抜き取って収穫します。

発生しやすい病害虫

シュンギクに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

炭疽病

葉に淡褐色の病斑ができ、やがて葉枯れ状態になります。

⇛ 炭疽病の症状と対策・予防法

べと病

葉に黃白色のぼやけた病斑ができ、次第に拡大して、葉は淡黄色になって枯れます。

⇛ べと病の症状と対策・予防法

その他の病気
さび病 オレンジ色の楕円形で、やや膨らんだ小さな斑点ができます。

害虫

ワタアブラムシ

小さな虫が葉裏に群生して、吸汁加害します。

⇛ アブラムシ被害の特徴と対策・予防法

ナモグリバエ

体長3mmほどの乳白色の幼虫が葉肉の中から葉を食害し、葉の表面に絵を描いたような白い筋状の食痕を残します。

⇛ ハモグリバエ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫
ミナミキイロアザミウマ 葉に体長1〜2mmの小さな成虫や幼虫が寄生し、吸汁加害します。
ヨトウムシ イモムシ状の幼虫が、夜間に葉を食害します。