カリフラワーの病気と害虫

カリフラワーの病害虫

カリフラワー栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

カリフラワーの栽培方法・育て方のコツカリフラワーの栽培方法・育て方のコツ

病気

カリフラワーに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

黒腐病(くろぐされびょう)

葉の縁にくさび形で黄色の病斑ができます。

⇛ 黒腐病の症状と対策・予防法

黒斑細菌病(こくはんさいきんびょう)

葉に水浸状の病斑が生じ、拡大して黒褐色に。その周囲は黄変します。

細菌性の病気なので、発病株は抜き取って処分、土壌消毒しておきます。

雑草対策に太陽熱マルチ殺草処理(太陽熱土壌消毒)を試してみる

根こぶ病

茎葉がしおれては回復を繰り返し、根に大小のこぶができます。

⇛ 根こぶ病の症状と対策・予防法

その他の病気

萎黄病片側の葉が黄化し、生育不良で奇形になります。
軟腐病暗緑色で水浸状になり、軟化して独特の悪臭を放ち腐敗します。

害虫

カリフラワーに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

アオムシ(モンシロチョウ)

カリフラワーの葉を食害するアオムシ(モンシロチョウの幼虫)

緑色の細かい毛がうっすらと生えた小さなイモムシが、葉を食害します。

⇛ アオムシ被害の特徴と対策・予防法

オオタバコガ

淡緑色〜茶褐色でイモムシ状の幼虫が蕾を食害します。

⇛ タバコガ被害の特徴と対策・予防法

ハスモンヨトウ

ハスモンヨトウ(ヨトウムシ)

茶色でイモムシ状の幼虫が葉を食害します。

⇛ ヨトウムシ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

ニセダイコンアブラムシ茎や葉裏に灰色の小さなムシが群棲し、吸汁加害します。
コナガ体長10mmほど、淡緑色の幼虫が葉を食害します。
カリフラワーの栽培方法・育て方のコツカリフラワーの栽培方法・育て方のコツ