ヨトウムシの特徴と対策・予防法

ヨトウムシ

夜間に活動して葉を食害する、イモムシ状の幼虫「ヨトウムシ(夜盗虫)」。

ヨトウムシ被害の特徴と、対策・予防法をまとめています。

ヨトウムシの特徴

ヨトウムシは、夜蛾の一種であるヨトウガの幼虫。(他にハスモンヨトウ、シロイチモジヨトウなど、数種類の夜蛾の幼虫を指します。)

幼虫の体色は、緑色や褐色、黒色など変化が多く、生長すると体調3〜5cmになります。

幼齢幼虫は集団で葉を食害し、成長すると単独で行動、夜間に野菜の葉を猛烈な勢いで食害します。

夜間に活動するので、「ヨトウムシ = 夜盗虫」と呼ばれています。

肥料過多の野菜につきやすい雑食なので、ネキリムシと同じく、雑草のないキレイな畑は被害が出やすくなります。

ヨトウムシ被害の様子

順に、ダイコンの若苗、キャベツの葉を食害する緑色のヨトウムシ。

ダイコンについていたヨトウムシ
キャベツの葉を食害するヨトウムシ

順に、チンゲンサイの畝にいたもの、ニンジンの葉についたオレンジ色のヨトウムシ。

ヨトウムシ
ニンジンについたヨトウムシ

ハスモンヨトウ。最後の写真は体長5cm以上ある老齢幼虫。

カブについたハスモンヨトウ(ヨトウムシ)
シシトウについたハスモンヨトウ
ハスモンヨトウ

ヨトウムシの対策・予防法

対策

昼間は地面浅くに潜んでいることが多いので、被害株の近くを軽く掘って探し、見つけたら手で捕まえて駆除します。

ただ、隠れて見つけにくいので、孵化直後、葉裏に群棲しているときに防除するのが最良です。

また、天然成分で有機農産物栽培(有機JAS)にも使える殺虫剤「STゼンターリ顆粒水和剤」も有効です。天然微生物(B.t.菌)が作る有効成分が、チョウ目害虫に効果をあらわします。

中・老齢幼虫になるにしたがって、薬剤の効果が低くなるので、若齢幼虫のうちに防除することが大切です。

予防法

防虫ネットで畝ごと覆って、成虫の産卵を防ぎます。

成虫は赤色に誘引される性質があるので、野菜の周りに赤いものを置かないようにしましょう。

また、卵の段階で駆除することが大切です。葉裏に産みつけられた卵塊は、見つけたら潰しておきましょう。