軟腐病(なんぷびょう)の症状と対策・予防法

軟化して独特の悪臭を放ち腐敗する「軟腐病(なんぷびょう)」。

その症状と発生原因、対策・予防法をまとめています。

軟腐病の症状

軟腐病にかかったキャベツ

軟腐病が発生しやすい野菜
キャベツズッキーニ、セロリ、ダイコンネギハクサイブロッコリーミブナレタス、など

キャベツ、ダイコン、ハクサイなど、アブラナ科野菜の主要病害。

植物の地ぎわ部に水浸状の病斑ができ、やがて全体が軟化、腐敗して悪臭を発生します。

やがて株全体が急にしおれて枯死します。

主な原因と伝染経路

土中の細菌が植物の傷から侵入します。

植物に傷が付いていたり、窒素過多により軟弱に育った場合に、細菌に侵入されやすくなります。

また、高温多湿になると多く発生します。

軟腐病の様子

写真は順に、軟腐病にかかったキャベツ、レタスの様子。

軟腐病で葉が腐ったキャベツ
軟腐病に掛かったレタス

表面の葉が、飴色になってベトベトに腐っています。

軟腐病の対策・予防法

対策

細菌性の病気は薬剤が効きにくいので、発生したらすぐに株を抜き取り処分します。(被害株から伝染します。)

また、農薬を使う場合は「ヤシマストマイ液剤20」などが有効です。抗生物質のストレプトマイシンを主成分とする殺菌剤で、細菌によって起こる各種の病害に防除効果があります。

予防法

長雨が続いて多湿になると発生しやすいため、泥はねや水はけの悪さが原因と考えられます。

そのため、水はけの悪い畑なら高畝にし、畝に「マルチシート」を張ることで、泥はねを防ぐようにしておきます。

傷口から侵入するため、芽かきなどの作業は乾燥した天気のいい日に行うようにします。また、傷の原因となる、葉を食害する害虫を防除することが大切です。

他に、抵抗性品種を利用することや、土壌伝染するので連作を避けることが有効です。