根こぶ病の症状と対策・予防法

根にこぶができ、茎葉がしおれたり枯れたりする病気「根こぶ病」。

その症状と発生原因、対策・予防法をまとめています。

根こぶ病の症状

根こぶ病が発生しやすい野菜
カブキャベツハクサイブロッコリー、など

根にこぶができることによって養水分の移動ができにくくなり、しおれたり枯れたりする病気です。主にアブラナ科野菜に発生します。

天気のいい日中には茎葉がしおれ、朝夕には回復するという症状が特徴で、一見すると「ネコブセンチュウ」の症状と似ています。

根を見てみると、ネコブセンチュウは根全体に小さいこぶができるのに対し、根こぶ病は大小様々なこぶができるので、この違いにより見分けることができます。

発病するとしだいに生育が鈍くなり、やがて枯れてしまう場合もあります。

主な原因と伝染経路

病原菌は糸状菌(カビ)の一種で、土中を移動して根から侵入します。

侵入されると根にこぶができ、こぶの中で胞子が作られます。やがて根が腐り胞子が土壌中に出て、病原菌は長期間生存するので、農作業に伴う土の移動や降雨などを通じて広がっていきます。

地温が高いと発生しやすく、排水不良地など湿地での発生が多くを占めます。また、酸性土壌も発生を助長します。

根こぶ病の対策・予防法

対策

発病株は根ごときれいに引き抜いて、畑から持ち出して処分します。

発病した野菜を畑に放置したり、土に埋めたりすると、やがて根が腐り、こぶの中から病原菌が土の中にまき散らされてしまいます。

また、発生した畑で使った農機具や泥は必ず洗い流して、土壌を移動させないように注意しましょう。

予防法

多湿かつ酸性の土壌で発生するため、土のpHを適正な範囲(5.5〜6.8)に直す、排水をよくすることが大切です。

⇛ 土壌の酸性度(pH)と測定・調整方法について

また、アブラナ科野菜の連作障害のため、連作を避ける、抵抗性品種を利用するようにします。

⇛ 連作障害の原因と対策、各野菜の輪作年限について

作付け前に太陽熱消毒をしておくと安心です。

⇛ 雑草対策に太陽熱マルチ殺草処理(太陽熱土壌消毒)を試してみる

農薬を使う場合は、土の殺菌・消毒ができる土壌殺菌剤「石原フロンサイド粉剤」などを、植え付け前に施しておきます。

また、根こぶ病の発病ポテンシャルを事前診断するサービスもあるので、規模の大きい圃場などでは薬剤費削減に活用できるかと思います。

⇛ 根こぶ病菌密度測定サービス vegetalia PLANT CLINIC

病害虫の参考リンク

このページをシェアする