べと病の症状と対策・予防法

葉に黄色い病斑が現れ、葉裏にはカビが生える病気「べと病」。

その症状と発生原因、対策・予防法をまとめています。

べと病の症状

べと病

べと病が発生しやすい野菜
エダマメカブカボチャキャベツキュウリコマツナ、シュンギク、ダイコンタマネギネギブロッコリーホウレンソウミブナ、など

カビによる病気で、長雨のときに多くの野菜に発生します。

植物の種類により病原菌が異なるため症状もさまざまですが、一般的に、葉に黄色い多角形の病斑が現れ、葉裏に灰白色のカビが生えます。

症状が激しい場合は、葉が枯れ、大きな被害となる場合もあります。

主な原因と伝染経路

病原菌は糸状菌(カビ)の一種。

菌糸の形で株について越冬し、気温の上昇とともに胞子を分散して伝染源となります。

べと病の発生しやすい条件は、気温20℃〜24℃で多湿条件、肥料切れや草勢が弱ったとき、密植などが挙げられます。

べと病の様子

キュウリに発生したべと病

写真は、キュウリの葉に発生したべと病の様子。

葉に黄色の斑点が見られます。

初期症状のうちに発見・除去しましたが、放置しておくと、あっという間に広がっていきます。

タマネギに発生したべと病

これは、タマネギに発生したべと病の様子。

葉が黄色くなり、横に垂れ下がってきています。

これも早めに切り取りましたが、他の株まで広がってしまいました。

ネギに発生したべと病

これは、ネギに発生したべと病の様子。

葉に黃白色のぼやけた退色病斑ができています。

発生部位をこまめに除去していましたが、他の株までどんどん広がりました。

べと病の対策・予防法

対策

胞子が飛び散って伝染するため、発病した葉などは除去して処分。

一度発病した土は、表土を深くすき込むように耕します。

また、有機農産物栽培(有機JAS)にも使える保護殺菌剤「サンボルドー」も効果的です。塩基性塩化銅を主成分とし、各種病原菌に予防効果があります。

予防法

多湿で発生しやすいので、畑の水はけをよくし、密植を避け、繁茂しすぎたつるや葉は間引いて、風通しや日当たりの良い環境を作ることが大切です。

下葉への雨水による泥はねを防ぐため、「マルチ」や「雨よけ」をするのも効果があります。

また、肥料切れでも起こりやすいため、適度な追肥を行うようにします。

種子伝染もするので、消毒済みの種子を用いる、また、抵抗品種があるものはそれを選ぶと安心です。