アオムシ(モンシロチョウの幼虫)

アオムシ(モンシロチョウの幼虫)の特徴と対策・予防法

アオムシ(モンシロチョウの幼虫)

緑色の小さなイモムシが葉を食害する「アオムシ(モンシロチョウの幼虫)」。

アオムシ被害の特徴と、対策・予防法をまとめています。

アオムシの特徴

アオムシが発生しやすい野菜
カブキャベツコマツナダイコンチンゲンサイハクサイブロッコリーミブナ、など

春から秋にかけて、葉の上を移動しながら食害している、緑色の細かい毛がうっすらと生えた小さなイモムシ。

これは、モンシロチョウの幼虫でアオムシとも呼ばれます。

アブラナ科の植物の葉裏に産卵された幼虫が孵化して、茎葉を食害します。幼虫は若齢期から単独で行動しますが、食欲が旺盛で多く発生すると葉をレース状にされてしまいます。

コナガの幼虫と似ていますが、葉に張り付く力が強く、触ったり葉を揺らしても簡単に落ちません。

アオムシ被害の様子

写真は、アオムシによる被害で全滅したチンゲンサイ。

チンゲンサイを食害するアオムシ
アオムシ被害で全滅したチンゲンサイ

コマツナの葉を食害するアオムシの様子。

コマツナを食害するアオムシ

老齢幼虫になると体長3cmほどまで大きく育ちます。ハクサイやキャベツは新芽を食害されると結球が遅れるといった弊害が出るので注意。

アオムシの対策・予防法

対策

葉裏にいる幼虫は見つけしだい駆除します。

また、天然成分で有機農産物栽培(有機JAS)にも使える殺虫剤「STゼンターリ顆粒水和剤」も有効です。天然微生物(B.t.菌)が作る有効成分が、チョウ目害虫に効果をあらわします。

予防法

アブラナ科植物の周辺に花が咲く植物があると、蜜を吸いに集まったモンシロチョウが卵を産みつけて被害が増えるので、そういった場所は避けるようにします。

成虫はキク科(シュンギク、レタス)の野菜が発する香りを嫌う性質があるため、コンパニオンプランツとして近くに植えることで、モンシロチョウの飛来を防ぐことができます。

⇛ コンパニオンプランツの組み合わせと効果

また、肥料を与え過ぎると産卵されやすいので、適切な施肥量で育てることが大切です。

葉裏に黄色っぽい1mmほどの卵を見つけたら潰しておくようにしましょう。