キャベツの病気と害虫

キャベツの病害虫

キャベツ栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

キャベツの栽培方法・育て方のコツキャベツの栽培方法・育て方のコツ

病気

キャベツに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

菌核病(きんかくびょう)

菌核病にかかったキャベツ

白い綿状のカビに覆われ、やがて表面にネズミの糞のような黒い塊(菌核)ができます。

⇛ 菌核病の症状と対策・予防法

軟腐病(なんぷびょう)

軟腐病にかかったキャベツ

結球が始まってから発生。

株の根元または表面の葉からベトベトした状態で腐り、独特の悪臭を放ちます。

⇛ 軟腐病の症状と対策・予防法

根こぶ病

茎葉がしおれては回復を繰り返し、根に大小のこぶができます。

⇛ 根こぶ病の症状と対策・予防法

その他の病気

萎黄病葉の片側が葉脈に沿って網目状に黄化、やがて奇形化し、全体がしおれていきます。
黒腐病葉の縁に黄色いV字型の黄斑ができます。
黒斑病葉に淡褐色〜黒色の病斑ができます。
べと病葉に淡褐色の病斑ができ、裏面にすす状のカビが発生します。

害虫

キャベツに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

アオムシ(モンシロチョウ)

キャベツの若苗を食害するアオムシ

緑色の細かい毛がうっすらと生えた小さなイモムシが、葉を食害します。

⇛ アオムシ被害の特徴と対策・予防法

ハモグリバエ

キャベツの苗の葉を食害するハモグリバエ

乳白色の幼虫が葉肉の中から葉を食害し、葉の表面に絵を描いたような白い筋状の食痕を残します。

⇛ ハモグリバエ被害の特徴と対策・予防法

ハイマダラノメイガ(芯食い虫)

イモムシ状の幼虫が生長点付近の若い芽や葉を食害します。

被害に遭って生長点を食べられた場合でも、出てきたわき芽を1つだけ残して育てることで、それが育って結球キャベツを収穫することが可能です。

⇛ メイガ被害の特徴と対処・予防法

ハスモンヨトウ

キャベツの葉を食害するヨトウムシ

夜間にイモムシ状の幼虫が葉を食害します。

⇛ ヨトウムシ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

モモアカアブラムシ体長2mmほどの小さな虫が葉裏に群棲して吸汁加害します。
コナガ体長10mmほど、淡緑色の幼虫が葉を食害します。
オオタバコガイモムシ状の幼虫が、蕾を食害します。
ナメクジ新芽や若葉などの柔らかい葉を舐めるように食害します。
ネキリムシ体長4cmほどのイモムシ状の幼虫が、地ぎわで苗を噛み切ります。
タマナギンウワバ緑の体色をしたイモムシ状の幼虫(ヤガ類)が、葉を食害します。
キャベツの栽培方法・育て方のコツキャベツの栽培方法・育て方のコツ