ミズナ(水菜)の病気と害虫

ミズナ(水菜)の病害虫

ミズナ(水菜)栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

ミズナ(水菜)の栽培方法・育て方のコツミズナ(水菜)の栽培方法・育て方のコツ

病気

ミズナに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

白さび病

葉の表面、茎に乳白色の膨れた斑点ができます。

⇛ さび病の症状と対策・予防法

立枯れ病

本葉が出始める幼苗期、地際部が水浸状になり、細くくびれ、枯れてしまいます。

⇛ 立枯病(たちがれびょう)の症状と対策・予防法

害虫

ミズナに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

アブラムシ

ミズナの葉に群生するアブラムシ

体長2mmの暗緑色の小さな虫が集団で棲みつき、吸汁加害します。

⇛ アブラムシ被害の特徴と対策・予防法

カブラハバチ

カブラハバチの幼虫

黒藍色をしたイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

⇛ カブラハバチ被害の特徴と対策・予防法

ダイコンハムシ(ダイコンサルハムシ)

ミズナを食害するダイコンハムシの幼虫

体長1cmに満たない、黒色の幼虫、成虫(丸い形をした甲虫)が、葉を食害します。

⇛ ハムシ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

アオムシモンシロチョウの幼虫。緑色の細かい毛がうっすらと生えた小さなイモムシが、葉を食害します。
コナガ体長10mmほど、淡緑色の幼虫が葉を食害します。
キスジノミハムシ成虫(体長3mmほどの甲虫)は葉を、幼虫は根を食害します。
ハイマダラノメイガイモムシ状の幼虫が芯の部分に寄生して、新芽をつづり合わせて食害します。(別名:芯食い虫)
ミズナ(水菜)の栽培方法・育て方のコツミズナ(水菜)の栽培方法・育て方のコツ