疫病(えきびょう)の症状と対策・予防法

水がしみたような暗褐色の病斑が発生する「疫病(えきびょう)」。

その症状と発生原因、対策・予防法をまとめています。

このページの目次

  1. 疫病の症状
  2. 疫病の対策・予防法

疫病の症状

疫病が発生しやすい野菜
ジャガイモトマトピーマン・パプリカ、など

疫病にかかると、はじめに茎、葉、果実などに、水がしみたような暗褐色の病斑が発生します。

やがて葉や茎の表面に白いカビが生え、植物は枯れていきます。

低温・多湿の時や、茎葉が軟弱に成長しているときに発病しやすくなります。

様々な植物で発生しますが、特にトマトの被害が深刻です。

主な原因と伝染経路

水分を好む糸状菌(カビ)を原因とする病気。

土壌中に生息し、泥はねとともに植物の葉や茎、果実に付着し病気を引き起こします。

雨によって伝播するので、降雨が長く続く梅雨時や、排水の悪い畑で雨水が滞水したり冠水した場合には、大発生することがあります。

疫病の対策・予防法

対策

発病した葉や果実は摘み取って処分します。

また、有機農産物栽培(有機JAS)にも使える保護殺菌剤「サンボルドー」も効果的です。塩基性塩化銅を主成分とし、各種病原菌に予防効果があります。

予防法

トマト栽培の雨よけ屋根

ポリフィルムで地面を覆ったり、マルチングをして泥がはねないようにします。

できれば、雨が多い時期は、雨よけを作ると効果的です。

⇛ トマトの雨よけハウス(トマトの屋根)で実割れ・疫病を防ぐ

排水の悪い畑では、高畝にすることで土壌水分が溜まらないようにすることが大切です。

また、連作やジャガイモの後作で発生しやすいので、輪作を心掛けましょう。