トマトの雨よけハウス(トマトの屋根)で実割れ・疫病を防ぐ

トマト栽培では、「雨よけ屋根」を設置すると実割れや疫病を防ぐことができ、綺麗なトマトが作れます。

うちで利用している「雨よけハウス トマトの屋根 NT-18型」を紹介します。

過湿や降雨、泥はねに弱いトマト栽培

トマト栽培は過湿に弱く、降雨による泥ハネで土壌病原菌にも侵されやすい。

特に、「疫病」という、雨によって伝播する病気はトマトに深刻な被害を与えます。

また、雨に当たるとトマトの実割れも起こりやすくなります。

実割れの主な原因は、土壌水分の急激な変化。乾燥が続いたあとに急な降雨があると、実が内側から一気に肥大するのに、果皮の成長がついていけずに亀裂が入る。また、雨が実に直接当たることも割果・裂果の原因。

これを防ぐには、畝にマルチシートや刈草・ワラを敷くのに加え、「雨よけハウス」を設置するのが効果的です。

また、トマトは葉や茎からも水を吸う性質があるため、雨が多い日本の夏で美味しいトマトを収穫するなら、雨よけハウスを設置して乾燥気味に育てるのがコツ。

特に大玉トマトは完熟するまで時間が掛かり、過失障害が出やすいので、梅雨時は特に対策しておきたいところ。

雨よけハウス トマトの屋根 NT-18型

雨よけハウス トマトの屋根 NT-18型

そこで、うちで利用しているのは、必要な部材がワンセットになっている「雨よけハウス トマトの屋根 NT-18型」という製品。

パイプは錆びにくい亜鉛メッキスチールなので軽量で耐久性も抜群。ビニールも耐光性・耐久性に優れた農業用ビニールが使われています。

1人で簡単に設置可能

組み立ては埋め込み、簡単な部品接続になります。

トマト雨よけハウスの部品

支柱を挿して、トップの曲げ支柱を連結、支柱を横に渡して補強。これらは付属のフックで固定します。

トマト雨よけハウスの組み立て

最後にビニールを張って、付属のミニパッカーで要所を固定したら完成。

1本1本の部材も軽いので、1人でも難なく設置することができます。所要時間15分ほど。

トマト屋根のサイズ

サイズは、間口1.2m、奥行1.84m、高さ1.75m。トマトなら3〜4株を覆うことができます。

ただ、高畦をまたいで設置すると、高さがちょっと足りない感じ。

トマト雨よけ屋根の高さ

なので、低畝にして、支柱を刺す場所を畝と同じ高さにして利用しています。

また、幅も広いので、畝2列の合掌式支柱にしてもいけるかなと、来年はその形で設置予定。

トマト雨よけ屋根の高さ(合掌式支柱)

防鳥ネットも張りやすい

トマトが熟して収穫期に入ると、カラスなどの野鳥に狙われやすくなります。

そのため、トマトの露地栽培では鳥害対策が必要になり、防鳥ネットを囲うための骨組としても丁度よく使えます。

雨よけハウスを骨組みに防鳥ネットを張る

パッカーにネットを引っ掛けて周囲を囲い、裾が広がらないように紐を通してクリップ。鳥害対策も完璧です(・ω・)b

雨よけハウスへ防鳥ネット設置

防鳥ネットの裾をしばる

台風には耐え切れず倒壊

しっかりとした作りにはなっていますが、台風などの強風時には注意が必要です。

うちでも一度、台風時に倒壊してしまった経験あり。

雨よけハウス台風で倒壊

どのハウスも同じようなものですが、台風襲来時には応急的な補強、もしくはビニールだけ外しておくなどの対応は必要です。

とは言え、値段も手頃なので、美味しくて綺麗なトマトを収穫するのにオススメです。是非お試しアレ。

トマトの栽培方法はコチラのページにまとめています