カボチャの病気と害虫

カボチャの病害虫

カボチャ栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

カボチャの栽培方法・育て方のコツカボチャの栽培方法・育て方のコツ

病気

カボチャに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

うどんこ病

カボチャに発生した「うどんこ病」

葉の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。

⇛ うどんこ病の症状と対策・予防法

疫病(えきびょう)

葉に水浸状で褐色の病斑ができ、茎の一部が軟化腐敗、果実には白いカビが発生します。

⇛ 疫病の症状と対策・予防法

その他の病気

モザイク病葉に濃淡のモザイク模様が現れ、ひどくなると葉は縮れて奇形化します。原因ウイルスをアブラムシが媒介します。
べと病葉に黄色の小さい病斑ができ、裏面にすす状のカビが発生します。

害虫

カボチャに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

ウリハムシ

カボチャ苗についているウリハムシ

体長7〜8mmで茶色の甲虫が、葉を食害して穴だらけにしてしまいます。

⇛ ウリハムシ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

ハスモンヨトウ夜間にイモムシ状の幼虫が葉を食害します。
マメハモグリバエ幼虫が葉肉の中から葉を食害し、葉の表面に絵を描いたような白い筋状の食痕を残します。
カボチャの栽培方法・育て方のコツカボチャの栽培方法・育て方のコツ