菌核病にかかったキャベツ

菌核病(きんかくびょう)の症状と対策・予防法

菌核病にかかったキャベツ

綿状の白いカビが発生する「菌核病(きんかくびょう)」。

その症状と発生原因、対策・予防法をまとめています。

菌核病の症状

菌核病が発生しやすい野菜
キャベツキュウリチンゲンサイナス、メロン、など

発病すると茶色の斑点ができ、斑点が拡大するにつれて、白い綿のようなカビが発生します。

白いカビはやがてネズミの糞のような黒い塊(菌核)に変わります。

主な原因と伝染経路

病原菌は糸状菌(カビ)の一種。

黒色でネズミの糞くらいの大きさの菌核は、土壌中で数年生存します。

また、高温多湿になると多く発生します。

菌核病の様子

菌核病で白いカビに覆われたキャベツ

写真は、菌核病にかかったキャベツの様子。

綿状の白いカビに表面が覆われているのがわかります。

菌核病の対策・予防法

対策

発病株を見つけたら、菌核が形成されないうちに、形成されても地面に落下する前に、除去して焼却処分します。

また、農薬を使う場合は「GFベンレート水和剤」などがあります。予防効果と治療効果を兼ね備えており、広範囲のかび性の病気に効果があります。

予防法

病原菌は高温多湿を好むので、排水・風通しをよくしておきます。

また、菌核は土壌中に長く生存するため、発生したら連作は避けます。

⇛ 連作障害の原因と対策、各野菜の輪作年限について