さつまいも苗の植え付け作業に「かんしょ植え付け器 さすけ」

立ち作業でさつまいも苗の植え付けが行える

さつまいも苗を植え付けるには「しゃがんで・マルチに穴を開けて・苗を植えて」と、数が多いと腰が痛くなって結構辛い作業です。

そこで、かんしょ植え付け器「さすけ AP-02」。

これを使うと、立ち作業でさつまいも苗の植え付けを行うことができるようになります。

MEMO
かんしょ(甘藷) = さつまいも

さすけの使い方

この器具が「さすけ」。長さ63cmあります。

さつまいも苗の植付器「さすけ」

ネット通販などで購入することができます。

使い方は簡単。

まずは、さつまいもの苗を準備。

さつまいもの苗

苗の尻を本器先端のU字溝へ挟み込んで、つるをシャフトに巻くようセットします。

さすけに苗をセット

持ち方はこのように、手首にロープを通してハンドルを握って持ちます。

さつまいも苗の植付器「さすけ」

マルチ畝の上からブスッと挿し込んで、そのまま引き抜くと、苗だけが土中に残るようになっています。

マルチに差し込み
適当な深さで器具を抜く
苗だけが土中に残る

器具の長さは十分あるので、立ったまま植え付け作業を行うことができます。

立ち作業でさつまいも苗の植え付けが行える

手元で苗を取れるように肩にカゴを掛けて苗を入れておくとスムーズに作業が行えます。

畑作業は立ったりしゃがんだりで腰が痛くなるので、こういった補助器具を活用すると作業が楽になりオススメです。