タケノコのお刺身

ちょっと早いタケノコ掘り。採りたてタケノコの刺身が絶品。

by

4月が旬のタケノコ。

今年の様子を確認しつつ、ちょっと早めのタケノコ掘りをしてきました。

京都山城のタケノコ

京都山城のタケノコといえば、ちょっとしたブランドになっているんですが、うちもそこに小さな竹やぶを持っています。

タケノコ畑

広さはだいたい700〜800㎡。

今は労力不足で手入れが行き届いておらず、商売っ気もありません。

タケノコは採らないで放置しておくと竹になってしまうので、シーズン中は週2回、父の知人に協力してもらってタケノコを掘りきり、採れたモノは山分けしてます。

ちょっとこれだと勿体無いので、どう運営していくかは要検討。

こんな感じでタケノコを掘る

タケノコ掘りは、まず、タケノコを見つけるところから始まります。

食べ頃のタケノコは地面から先っぽだけちょっと出ているヤツ。

先っちょが出ているものを探す - タケノコ掘り

目で見るだけでは見つけるのは難しいので、足裏で探ったりして探します。

タケノコを掘るのに使う道具はコレ。

タケノコ掘りの道具「ほり」

「ほり」という鍬で、鉄部分の長さが1mくらいあって、かなり重いです。

竹は地下茎を張り巡らせるので、それをガスガスと切って掘るには、これくらいが適当なんだとか。おかげで、翌日は必ず筋肉痛になります。

で、見つけたら周りを掘って、全貌を掴みます。

タケノコ掘り

タケノコがどう生えているかというと、こんな感じで、地下茎からニョキッと生えています。

地下茎から生えている - タケノコ掘り

この根元部分をガスっと突いて取るわけです。(実際はもう少し上の方を切る)

収穫 - タケノコ掘り

タケノコを1本掘るだけで結構体力を使うので、タケノコ掘りのコツは、タケノコの根元がどこにあるのかを早めに探り当てること。

これは勘と経験に頼るしかないのですが、1本1本、こんなに周りを掘っていると体力が続きません。

で、今日の収穫は10kg弱。

タケノコの収穫

4月に入るとこの3倍(✕週2日)になります。

採ったタケノコはすぐ茹でること

採れたタケノコは、採ってから茹でるまでが早いほどアクも無く美味しくなります。

茹でる際には、米ぬかと鷹の爪を入れるコト。

米ぬかを入れてタケノコを茹でる

見た目グロいけど、米ぬかはえぐみを取り、鷹の爪はぬか臭さを抜いてくれます。

で、タケノコ掘りの後はタケノコ三昧。

うちの定番は、筍ご飯と味噌汁、バター焼き、筍の刺身。

タケノコ尽くし料理

新鮮なタケノコは、薄切りにして冷蔵庫で冷やし、わさび醤油を付けて食べる「タケノコの刺身」が最高に旨いです(・ω・)b

タケノコの刺身

他にも「タケノコ」関連の記事を読む

こんな記事も読まれています