タケノコの掘り方(図解と動画付き)

タケノコ(筍)の掘り方を紹介します。

京都山城の「ホリ」というタケノコ鍬を使った掘り方です。

タケノコ掘りの道具

タケノコ掘りに使う道具は、地方によって種類がいろいろありますが、うちでは「ホリ」と呼ばれている鍬(正式には、京のたけのこ鍬 山城型)を使っています。

タケノコ掘りの道具「ホリ」(京都山城地方のタケノコ鍬)

持ち手から刃先にかけて真っ直ぐの形状で、かなりの重量があるため、慣れていないと大変な重労働です。

一般的に使われているタケノコ鍬は、このようなタイプだと思います。

しかし、(うちのように)手入れが行き届いていない竹林(タケノコ畑)だと、地中が根だらけなので、重量のあるホリの方が掘り進めやすいと思います。

タケノコの掘り方

タケノコの掘り方は、次のような流れになります。

まずは、タケノコを探します。

竹林

食べ頃のタケノコは、地面から先が出ているか出ていないかのもの。

慣れていないと探すのに一苦労ですが、こんな感じのものを狙います。

タケノコ探し

見つけたら、いよいよ道具を使ってタケノコを掘るのですが、まずはタケノコ掘りの概要から。

タケノコの掘り方

タケノコは、地中を四方八方に伸びている竹の地下茎(根)から生えています。

タケノコ掘りは、タケノコの生えている根元側を掘り、根元にホリ(またはスコップ、クワ)を打ち込みます。根元が切れたら、テコの原理で掘り起こすという流れになります。

実際どんな感じか、まわりを掘ってみます。

周りを掘る - タケノコ掘り

掘り進めると、タケノコと地下茎の繋がった部分が見えてきました。この根元を切ります。

根元を切る - タケノコ掘り

写真ではつけ根の部分で切っていますが、本来はもう少し上で問題ありません。

掘り起こしたタケノコ

尚、ここではわかりやすいように周りを掘っていますが、本来は根元の当たりがついたら、すぐに突いて掘り起こします。でないと1本採るだけでヘトヘトに…

早朝に掘ると美味しい

タケノコは、夜の間に親竹から養分・水分を吸い上げ、朝を待って生長します。そのため、夜明け前に掘る「朝掘りタケノコ」は、一段と美味しいです。

タケノコ掘りの様子(動画)

もう少しイメージしやすいように、ホリを使ってタケノコを掘る様子を動画に収めました。


実際やってみると、根元を探し当てるのが難しく、無駄に掘ることに労力を使って大変なのですが…慣れるとこのように簡単に掘り上げることができるようになります。

と言っても、この掘り手は数十年のベテラン。私自身はまだまだなので経験あるのみです。