オクラの病気と害虫

オクラの病害虫

オクラ栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

オクラの栽培方法・育て方のコツオクラの栽培方法・育て方のコツ

病気

オクラに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

苗立枯病(なえたちがれびょう)

地ぎわ付近の茎や根が腐敗し、やがて株全体が枯れます。

⇛ 苗立枯病の症状と対処・予防法

モザイク病

葉に濃淡のモザイク模様が現れ、ひどくなると葉は縮れて奇形化します。

原因ウイルスをアブラムシが媒介します。

⇛ ウイルス・モザイク病の症状と対策・予防法

その他の病気

うどんこ病葉の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。
半身萎凋病株の片側の葉が下から黄化してしおれます。
輪紋病葉に暗褐色の病斑、果実に暗緑色の斑点ができます。

害虫

オクラに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

ワタアブラムシ

オクラの葉に群棲するワタアブラムシ

体長1〜2mmの小さな虫が葉裏や茎、果実に群棲し、吸汁加害します。

モザイク病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アブラムシ被害の特徴と対策・予防法

マメハモグリバエ

オクラの葉を食害するマメハモグリバエ

乳白色の幼虫が葉肉の中から葉を食害し、葉の表面に絵を描いたような白い筋状の食痕を残します。

⇛ ハモグリバエ被害の特徴と対策・予防法

ワタノメイガ

体長20mmほど、緑色をしたイモムシ状の幼虫が葉を巻いて、中に潜んで葉を食害します。

⇛ メイガ被害の特徴と対処・予防法

フタトガリコヤガ

オクラについたフタトガリコヤガ

体長35〜40mm、緑の体色に黄色の縦線、黒斑点が特徴の毛虫状の幼虫が、葉を食害します。

⇛ ヤガ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

カメムシ亀のような形をした昆虫が、つぼみや果実を吸汁加害します。
オオタバコガイモムシ状の幼虫が、茎や果実に潜り込んで食害します。
ハスモンヨトウ夜間にイモムシ状の幼虫が葉を食害します。
オクラの栽培方法・育て方のコツオクラの栽培方法・育て方のコツ