野菜のとう立ち(薹立ち・抽苔)について

とう立ちしたチンゲンサイ

野菜のとう立ち(薹立ち・抽苔)について、基本的なことを纏めました。

とう立ちとは

とう(薹)は花を咲かせる茎のことで、花茎が伸びることを「とう立ち(薹立ち)」または「抽苔(ちゅうだい)」と言います。

植物には、自分の体を大きくする栄養成長と、子孫(種)を残す生殖成長の、2つの生育段階があります。とう立ちは、生殖成長が始まったサインです。

トマトやナスなどの果菜類は、栄養成長と生殖成長が同時進行し、果実を収穫するためには花が咲くことが必要です。

しかし、コマツナやハクサイなどの葉菜類の多くは、生殖成長が始まると栄養成長が止まり、葉が固くなって食味が落ちてしまいます

そのため、葉菜類は生殖成長が始まる前(とう立ちする前)に収穫する必要があるという訳です。

「花芽分化」と「とう立ち(抽苔)」

通常花を咲かせない葉菜類・根菜類では、開花することを「とう立ち(抽苔)」と言い、その過程で起きる「花芽分化」もセットで含まれています。

そのため、花芽分化 = とう立ち と解釈してしまいますが、それぞれ具体的には次の現象のことを指します。

花芽分化とは、植物が栄養成長から生殖成長へ移行する初期段階として、茎頂部でそれまで葉や茎を分化していた部分が、花に分化する現象。

とう立ち(抽苔)とは、栄養成長時には節間が詰まった状態で、葉の展開を続ける植物の短い茎が、花芽分化に伴って急速に伸長する現象。

とう立ちの原因

とう立ちする原因は野菜によってさまざまで、温度の高低や日長の長短が影響してスイッチが入ります。

種まきした時から低温に遭遇

種まきをした時から、低温に一定期間遭遇することで、花芽が形成されてとう立ちする作物。(種子春化型・種子バーナリゼーション型)

カブコマツナダイコンチンゲンサイハクサイ、ミズナ、など

とう立ちを避けるためには、低温にあてないようトンネルなどで保温したり、秋まきの播種があまりに遅れないよう播種する時期を調整します。

写真は順に、とう立ちしたミズナ、チンゲンサイ。

とう立ちしたミズナ
とう立ちしたチンゲンサイ

一定の大きさになってから低温に遭遇

一定の大きさに成長してから、低温に一定期間遭遇することで、花芽が形成されてとう立ちする作物。(緑植物春化型・植物体バーナリゼーション型)

キャベツ、ゴボウ、タマネギニンジンネギブロッコリー、など

とう立ちを避けるためには、冬場にあまり大きくならないように播種する時期を調整します。(大きくしないで冬を迎える)

写真は順に、とう立ちしたタマネギ、ネギ、ブロッコリー。

とう立ちしたタマネギ(ネギ坊主)
とう立ちしたネギ
とう立ちしたブロッコリー

高温・長日条件

高温や長日条件(日長が12時間よりも長い)により、花芽が形成されてとう立ちする作物。

シュンギク、ホウレンソウ、ラディッシュ、レタスなど

とう立ちを避けるためには、とう立ちの遅い晩抽性品種など、適した品種を選びます。また、外灯など夜間に光が当たると長日と勘違いするため、そういった場所での栽培は避けるようにします。

写真↓は、とう立ちしたレタス。

とう立ちしたレタス
とう立ちしたレタス

一定の大きさになる

温度条件や日長条件に関わりなく、ある一定の大きさに成長したら、花芽が形成される作物。

トウガラシ、トマトナス、など

写真↓は、花芽がついたトマト、ナス。これが果実になります。

トマトの花と果房
ナス(茄子)の花芽

とう立ちした花茎を食べる野菜

また、とう立ち菜は食べることもできます。

食べられるのは、コマツナ、ハクサイ、チンゲンサイ、ミズナ、カブなどのアブラナ科野菜のもの。蕾のうちが食べ頃で、基本は塩茹でして食べます。

旬が短く、鮮度が命なので、ほとんど流通することはなく、野菜本来の風味に独特の苦さと甘みのある味を楽しめるのは、農家の特権ですね。