カボチャの栽培方法・育て方のコツ

カボチャの栽培方法・育て方のコツ

家庭菜園の初心者の方向けに、カボチャの栽培方法を紹介します。

基本情報

カボチャ栽培の様子
科目栽培スタート生育適温好適土壌pH連作障害
ウリ科種、苗20℃前後6.0〜6.5連作可能

夏野菜の代表格であるカボチャ。

ホクホクとした粉質で甘みの強い「西洋系カボチャ」と、煮物や揚げ物などに向く粘質の「日本カボチャ」、色や形が面白い変わりものの「ペポカボチャ」に大別されます。

土壌病害にも強いので初心者でも育てやすく、1株で5、6個のカボチャが収穫可能。

難点は、つるが広がって場所をとるので広い栽培面積が必要なこと。それが難しい場合は、ミニカボチャを選んで棚や支柱に誘引する空中栽培にすると場所をとりません。

立体栽培でネット越しにぶら下がるミニカボチャ
栽培のポイント
  • ツルが伸びて広がるので広い栽培面積が必要
  • 吸肥力が強く「つるぼけ」しやすいので、元肥は控えめにする
  • 収穫期が近づいたら玉直しをして、全体の色づきをよくする

栽培時期

カボチャの栽培スケジュールです。

カボチャの栽培時期・栽培スケジュール

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

4月初旬にポットに種を蒔いて育苗し、5月上旬に畑に定植、7月〜8月頃の収穫です。

栽培方法

カボチャの栽培は、次のような流れになります。

種まき・育苗

ポット(9〜12cmサイズ)に2粒ずつ、指で1cmの深さに押し込んで種をまき、軽く土をかけて、たっぷりと水をやります。

まだ寒い時期の育苗となるため、保温資材を使って暖かい環境で育苗します。

タカショー ビニール温室 庭やベランダで作る簡易な育苗ハウス・ビニール温室

本葉がで始めた頃に間引いて1本立ちにし、最終的に本葉4〜5枚の苗に仕上げます。

育苗日数発芽適温生育適温
約30日25〜28℃20〜28℃
カボチャの育苗管理

土作り

耕運機で耕して土作り作業

カボチャの原産地は乾燥した砂漠のような荒地なので、水はけの良い土地でよく育ちます。肥沃さも求めません。

植え付けまでに堆肥・石灰・元肥を入れて土作りを済ませておきます。

土壌酸度(pH)の目安は6.0〜6.5です。

粘土質の畑であれば、もみ殻堆肥などの粗い有機物を入れて高畝を作り水はけを良くしておきます。

育つとツルがどんどん伸びて広がるので、地這い栽培の場合は広い面積が必要になります。株間90cm、畝幅2〜3mほど確保しておきましょう。

MEMO

広い面積が確保できない場合は、ミニカボチャを選んで空中栽培にするのがオススメです。

肥料

窒素過多だと「つるぼけ」して果実がならない場合があるので、施肥量は適度に。追肥で調整します。

肥料には、「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

植え付け

本葉が4〜5枚出たら畑に定植します。

育つとツルが広がるので、地這い栽培であれば株間90cmほどあけます。

定植の前にポットごと水につけて吸水させておくか、定植後たっぷりと水をやります。

植え付け直後は、ウリハムシなどの害虫飛来や、寒風に振り回されるのを防ぐため、苗一つ一つを「あんどん」で囲っておくと安心です。

肥料の空袋であんどん
肥料の空袋であんどん
MEMO

あんどんは、肥料袋やポリ袋の底を切り開いて円筒状にし、苗を植えた後、四方に支柱をさし込んで、ぴたりと広げるように固定します。被覆内いっぱいに茎葉が伸びたら取り除きます。

敷きワラマルチ

カボチャの畝に敷きワラマルチ

葉が茂ってきたら、株元からツルが伸びる方向に敷きわらをします。

ツルがワラに巻きヒゲを絡ませて伸長するので、地表に固定されて風雨にも強くなります。

実がなってから熟すまで、実の下にワラや刈草などを敷いておくことで、だんご虫が皮を食害し、そこからカビが侵入するのを防ぐ効果もあります。

また、土の乾燥や降雨時の泥跳ねを防ぎ、病気予防にもなります。

敷きワラの代わりとなるマルチシートも販売されており、手軽でオススメです。

摘芯・整枝

本葉が5〜6枚で親づるの先端を摘芯して、子づるの生長を促します。

カボチャの摘心
親づるの先端を摘心

子づるが出てきたら、仕立て方に応じて元気の良い子づるを残し、他をかき取ります。

カボチャの不要な子づるを摘み取る
不要な子づるを摘み取る

仕立て方は色々ありますが、基本的な管理は同じです。(品種の特性や栽培スペースに応じた方法を選びましょう。)

カボチャの整枝・摘芯(子づる3本仕立て)
子づる3本仕立ての場合
  • 親づる1本仕立て
  • 親づる1本+子づる1本仕立て
  • 子づる2〜4本仕立て

家庭菜園であれば、子づる2〜3本仕立てがオススメです。

残した子づるはどんどん伸びるので、短い支柱を立てて誘引します。光合成をしっかり行わせるために、葉と葉が重ならないようにすることが大切です。

その後、子づるからわき芽が出てきますが、一番果の着果節までのわき芽は全て摘み取ります。(着果した後の子づる/孫づるは放任します。)

あまりに葉が混み合う場合は適度に切り落として、風通しの良い状態を保つようにしましょう。

人工授粉・摘果

梅雨の頃から花がつきはじめます。

花のガクの下に膨らみがあるのが雌花、ないのが雄花です。

カボチャは、受粉しないと果実が肥大しません。

ハチやアブなどの昆虫によって放っておいても自然に受粉しますが、確実に着果させるために人工授粉しておきます。

雄花をとり、花びらをちぎって雄しべをむき出しにし、雄しべの先端を雌花の雌しべの柱頭にこすりつけて受粉させます。(日が高くなると花がしぼむため、人工授粉は晴天の早朝に行います。)

カボチャの人工授粉

1ツルあたり2個着果が目安です。(ミニカボチャなら3個、大玉を採りたいなら1個。)着果を確認したら、それ以外は早めに摘果して栄養を集中させます。

受粉しないと実が大きくならず、やがて自然落果します。

カボチャ未受粉で自然落果

尚、株元近くの雌花はいい果実にならないので、低節位(9節以下)の雌花は早めに摘んでおきましょう。

追肥

1回目

カボチャのの追肥1回目

つるの長さが50cm〜60cmになったら、畝の両肩に追肥を施します。

2回目

カボチャ結実

果実が直径7-8cmの大きさになったら、株間のところどころに肥料をまきます。

玉直し

カボチャは地面に這って成長するため、実が地面に接している部分には日が当たらず、緑色に色付かないことがあります。(この部分をグランドマークとも呼びます。)

見た目だけで食味に変わりはありませんが、色・形を整えるため、果皮の色がある程度濃くなってきたら、横に寝た果実をできるだけ起こして着色を均一にします。

尚、動かすのは90度まで。勢いよく動かすとヘタが取れてしまうので慎重に行いましょう。

また、地這栽培果実用の台座/マットを使うと、色むら防止だけでなく土との接地面の腐敗防止にもなり便利です。

カボチャに栽培用の台座/マットを敷く

収穫

開花から45〜50日で収穫できます。

果梗(首の部分)が茶色くコルク状態になれば収穫適期。(または、爪を皮に当ててみて、爪が食い込まないくらいの固さで収穫可能)

果梗をハサミで切って収穫します。

追熟させると甘みが増す

追熟させて甘味が増すカボチャ

収穫したカボチャはすぐに食べるより、丸のまま風通しがよく涼しい場所において、2週間〜1ヶ月ほど追熟させます。

そうすると甘味が増し、食味や貯蔵性を高める効果もあります。

空中栽培をする場合

カボチャを空中栽培(立体栽培)する場合は、アーチ状に組んだ支柱に園芸ネットを掛け、伸びたつるを誘引していきます。

空中栽培の場合は、地這い栽培ほどの広さは必要ないので、株間60cmで植え付けます。

市販のキットを使うと簡単に組めます。

MEMO

空中栽培だと、地這いに比べて風通しと日当たりがよくなるので、病気に掛かりにくいメリットもあります。

連作障害とコンパニオンプランツ

連作障害

同じ科の野菜を同じ場所で続けて栽培すると、土壌中の成分バランスが偏って、病気や生育不良になりやすくなる「連作障害」。

カボチャは連作障害が出にくいため、同じ場所での連作が可能です。

コンパニオンプランツ

違う種類の野菜を混植することで、病害虫を抑えたり生長を助けるといった良い影響が出る「コンパニオンプランツ」。

カボチャと相性のいい野菜には次のようなものがあります。

コンパニオンプランツ効果
長ネギカボチャと長ネギの根を絡ませるように混植することで、ネギの根に繁殖する拮抗筋が土壌病害を防ぐ 参考記事
オオムギオオムギが地表を覆うリビングマルチとなり、カボチャのツルが伸びる先へ敷きわらをする必要がなくなる。
カボチャと相性の良い野菜
カボチャとネギのコンパニオンプランツ
カボチャ×長ネギ

栽培Q&A

雌花が咲いても雄花が咲かないことがあります。

カボチャの雌花
カボチャの雌花

早い内から雌花が連続してつく系統の品種は、雄花が咲いたときに人工授粉すれば問題ありません。

そうでない場合は、授粉用の株を別に育てることで対応します。2週間ほど早く種まきして、雄花が早く咲くように準備しましょう。

雄花ばかりつけた元気なツルが伸びているのであれば、「つるぼけ」という現象です。

カボチャの雄花
カボチャの雄花

土が肥えすぎているか、肥料の与えすぎが原因です。施肥を控えましょう。

つるぼけになってからの対応であれば、荒治療となりますが、株元から30cmほど離れた所にショベルを突き立てて、2箇所ほど根を切断します。

こうすることで、養分がたっぷりあるので茎葉を伸ばそうとしていたのが、それをやめて雌花を作るようなります。

カボチャの表面にコブのようなカサブタがついている場合があります。

カボチャの表面にボコボコのカサブタ

まだ熟していない頃のカボチャの皮に傷がつくと、そこを塞ぐために傷口が盛り上がります。

小石に当たったり、動物にかじられたり、ツルで擦れたりして傷がつきます。

見た目は悪いですが、キレイなカボチャと可食部分に味の差はありません。皮のカサブタの部分は固くて美味しくないので、削ぎ落として食べましょう。

関連記事