ミズナ(水菜)の栽培方法・育て方のコツ

ミズナ(水菜)の栽培

家庭菜園の初心者の方向けに、ミズナ(水菜)の栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

ミズナ栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

ミズナ栽培の特徴

ミズナ栽培の様子

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
ミズナ アブラナ科 6.0〜6.5 あり:輪作年限1年

ミズナ(水菜)は伝統的な京野菜のひとつで、キョウナ(京菜)とも呼ばれます。

みずみずしくてシャキシャキとした食感が好まれる野菜。

サラダなど生食用には葉や軸が柔らかい小株で収穫、鍋物や漬け物用にはシャキシャキ感が味わえる大株に育てます。

サラダなど小株採りには早生種、大株採りには中生種や晩生種が向いています。

栽培のポイント
  • 畑に直播きして間引きしながら育てる
  • サラダなど生食用には小株採り、鍋物や漬け物用には大株採り

ミズナの栽培時期

ミズナの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

ミズナ(水菜)の栽培時期・栽培スケジュール

9月頃に畑に直播きし、11月下旬頃より大きくなったものから収穫します。寒さに強いので、一般地なら3月下旬まで収穫可能です。(品種によっては周年栽培も可能です。)

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

ミズナの栽培方法

ミズナの栽培方法は、次のような流れになります。

土作り

植え付け3週間前に堆肥を、2週間前に石灰を入れて耕しておきます。

pHは6.0〜6.5が目安です。

その後、植え付け1週間前に元肥を入れ、株間30cmほどを確保して、畝を立てます。

ミズナ(水菜)は名前の通り水を好みますが、栽培後半は多湿を嫌うので、やや高畝にしておきます。

肥料

葉を収穫する野菜なので、生育初期から窒素を切らさないようにします。

肥料には、「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

種まき

ミズナ(水菜)の種
ミズナ(水菜)の種蒔き

種は畑に直播きします。

サラダなど生食用に小株採りをする場合は、条間20cmでまき溝をつけ、1〜2cm間隔で条播きにします。

鍋物や漬け物用に大株採りにする場合は、株間30cm〜40cmで1箇所に3〜4粒を点蒔きにします。

軽く覆土をして鎮圧し、たっぷりと水をやります。

連作障害・コンパニオンプランツ

ミズナは、連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を1年あけるようにします。

また、アブラナ科野菜のミズナには、「モンシロチョウ」や「コナガ」の幼虫が寄生して葉を食害します。

そこで「コンパニオンプランツ」として、これらが嫌うキク科の野菜(シュンギクレタスなど)を近くに植えることで、害虫がつくのを防ぐ効果があります。

防虫ネットを掛ける

ミズナ(水菜)の畝に防虫ネットを掛ける

苗が小さいうちは害虫がつきやすいので、発芽すぐ(または種まき直後)に防虫ネットまたは寒冷紗を掛けておくと安心です。

生育初期は水やりをしっかりと

ミズナは、生育初期は乾燥に弱いので、土が乾いていたら適時水やりを行います。

尚、生育後半は多湿に弱くなるので、水のやり過ぎに注意。

間引き

ミズナ(水菜)の間引き

生長に合わせて間引きします。

小株採りで条播きにした場合は、数回間引いて、最終株間を5cmほどにします。

大株採りで点蒔きにした場合は、本葉1〜2枚の頃に2株を残して間引き、草丈7〜8cmで1株に間引きます。

追肥・中耕

ミズナ(水菜)に追肥

種蒔きから1ヶ月後を目安に追肥をします。

条間・株間に肥料を施し、除草を兼ねて中耕しておきます。

収穫

大きくなったものから順次収穫していきます。

小株採りなら草丈15cmくらいが収穫の目安。

収穫適期のサラダミズナ(水菜)
サラダミズナ(水菜)の収穫

大株採りなら草丈30〜40cmくらいが収穫の目安です。

収穫適期のミズナ(水菜)
ミズナ(水菜)の収穫方法
収穫したミズナ(水菜)

収穫は、手で株元をつかんで根から引き抜く、または、根元を切り取って収穫します。

大株採りの場合は、根元にハサミを入れて、株分けするように収穫することもできます。

発生しやすい病害虫

ミズナに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

白さび病

葉の表面、茎に乳白色の膨れた斑点ができます。

⇛ さび病の症状と対策・予防法

立枯れ病

本葉が出始める幼苗期、地際部が水浸状になり、細くくびれ、枯れてしまいます。

⇛ 立枯病(たちがれびょう)の症状と対策・予防法

害虫

アオムシ(モンシロチョウ)

アオムシ(モンシロチョウ)

緑色の細かい毛がうっすらと生えた小さなイモムシが、葉を食害します。

⇛ アオムシ(モンシロチョウ)の特徴と対策・予防法

アブラムシ

ミズナ(水菜)についたアブラムシ

体長2mmの暗緑色の小さな虫が集団で棲みつき、吸汁加害します。

⇛ アブラムシの特徴と対策・予防法

カブラハバチ

カブラハバチの幼虫

黒藍色をしたイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

⇛ カブラハバチの特徴と対策・予防法

キスジノミハムシ

成虫(体長3mmほどの甲虫)は葉を、幼虫は根を食害します。

⇛ キスジノミハムシの特徴と対策・予防法

コナガ

体長10mmほど、淡緑色の幼虫が葉を食害します。

⇛ コナガの特徴と対策・予防法

ダイコンハムシ(ダイコンサルハムシ)

ミズナを食害するダイコンハムシの幼虫

体長1cmに満たない、黒色の幼虫、成虫(丸い形をした甲虫)が、葉を食害します。

⇛ ダイコンハムシ(ダイコンサルハムシ)の特徴と対策・予防法