ブロッコリーの栽培方法・育て方のコツ

ブロッコリーの栽培方法・育て方のコツ

家庭菜園の初心者の方向けに、ブロッコリーの栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

ブロッコリー栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツなど。

ブロッコリーの病害虫ブロッコリーの病気と害虫

ブロッコリー栽培の特徴

ブロッコリー栽培の様子
種類科目好適土壌pH連作障害
ブロッコリーアブラナ科6.0〜6.5あり:輪作年限2〜3年

ブロッコリーは主枝の頂点につく「つぼみ(頂花蕾)」を食べます。

頂花蕾を収穫した後も、わき芽を伸ばして、葉のつけ根にできる「つぼみ(側花蕾)」を収穫して長く楽しめます。

最近では、次々と伸びる側花蕾を茎ごと食べる、茎ブロッコリー(スティックセニョール)も人気です。

栽培のポイント
  • 春まきは苗を大きめに育て、畑に定植後は寒冷紗をトンネル掛けして害虫を防ぐ
  • 多湿に弱いので特に春まきは高畝にする

ブロッコリーの栽培時期

ブロッコリーの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

ブロッコリーの栽培時期・栽培スケジュール

冷涼な気候を好むため、真夏を除いた春と秋が栽培適期。家庭菜園で育てやすいのは夏まき・秋冬採りです。

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

MEMO

側花蕾を収穫する場合は「頂花蕾・側花蕾兼用品種」など、それに適した品種を選びましょう。

ブロッコリーの栽培方法

ブロッコリーの栽培方法は、次のような流れになります。

種まき・育苗

ポット(3号:9cmサイズ)に3〜4粒ずつ種をまき、軽く覆土して、たっぷりと水をやります。

ポット苗は、春まきは保温資材を使って暖かい環境で、夏まきは遮光資材などで高温対策を施して育苗します。

タカショー ビニール温室庭やベランダで作る簡易な育苗ハウス・ビニール温室

発芽したら段階的に間引いて1本立ちにし、最終的に本葉5〜6枚の苗に仕上げます。

育苗日数発芽適温生育適温
約35日(春まき)
約30日(夏まき)
20〜25℃15〜20℃
ブロッコリーの育苗管理

土作り

耕運機で耕して土作り作業

ブロッコリーは排水性と保水性がいい肥沃な土壌を好みます。

堆肥と元肥を鋤き込んで耕し、株間45cmを確保して、少し高めの畝を立てます。

土壌が酸性だと「根こぶ病」が出やすくなるので、石灰を入れてpH調整しておきましょう。

pHは6.0〜6.5が目安です。

肥料

栽培期間を通じて肥料が効いている必要がありますが、リン酸が不足したり、窒素が多すぎたりすると、茎葉ばかりが茂って花蕾ができにくくなります。

肥料には、「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

連作障害・コンパニオンプランツ

ブロッコリーは連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を2〜3年あけるようにします。

また、アブラナ科野菜のブロッコリーには「モンシロチョウ」や「コナガ」の幼虫が寄生して葉を食害します。

そこで、コンパニオンプランツとして、これらが嫌うキク科の野菜(シュンギクレタス)を近くに植えることで、害虫がつくのを防ぐ効果があります。

植え付け

本葉5〜6枚まで苗が育ったら、畑に定植します。

株間45cmで、深植えにならないように植え付けます。

定植の前にポットごと水につけて吸水させておくか、定植後たっぷりと水をやります。

防虫ネットを掛ける

定植したら、「アオムシ」や「芯食い虫」などの害虫を防ぐためにトンネルに防虫ネット/寒冷紗を掛けておきます。

ブロッコリーに防虫ネットを掛ける

特に、苗が小さい時に中央の生長点を芯食い虫に食べられると、収穫まで育てるのは難しくなるため要注意。見つけたら取り除くようにしましょう。

追肥・中耕・土寄せ

株を十分に育てると品質が向上するので、追肥を施して外葉をしっかり育てます。

植え付け2週間後に1回目の追肥を行います。また、このタイミングで除草も兼ねて中耕し、土寄せをして株を安定させます。

さらに2〜3週間後、2回目の追肥・中耕・土寄せを行います。

尚、頂花蕾ができてからの追肥は、花茎空洞症やつぼみの質が悪くなるので、しないこと。

花蕾がついてくる

主枝の頂部に花蕾(頂花蕾)がついてきます。

ブロッコリーのつぼみ(頂花蕾)

収穫

株の頂点にできた「つぼみ(頂花蕾)」が12〜15cmになると収穫時期です。

茎を15cmほど、葉を2〜3枚つけて切り取ります。

収穫が遅れると、つぼみが膨らんで弾力がなくなり、味も食感も低下します。

さらに遅れると花が咲いてしまうので、採り遅れないようにしましょう。

ブロッコリーの花

続いて「側花蕾」を取る場合は、頂花蕾を収穫したタイミングで追肥を施しておきましょう。

わき芽を伸ばして側花蕾の収穫

頂花蕾を寒くなる前に摘むと、わき芽が伸びて葉のつけ根に側花蕾が出てきます。

ブロッコリーの頂花蕾を切り取るとの側花蕾が出てくる

側花蕾は小さいですが味に遜色なく、3〜5cmの大きさになったものから摘み取って収穫します。

ブロッコリーのわき芽にできた側花蕾

側花蕾は頂花蕾を摘まないとできないので、側花蕾の収穫も楽しみたい場合は、頂花蕾を早めに収穫するのがコツです。

頂花蕾を採る時に茎をできるだけ短く切れば、わき芽が多く残るので、小さな側花蕾がたくさん採れます。

MEMO

しっかりした側花蕾を収穫続けるには、それに適した品種を選ぶ必要があります。「頂花蕾・側花蕾兼用品種」など種袋の表示を確認して選びましょう。

寒さに当たると紫色に変色する

ブロッコリーは、寒さに当たると花蕾が紫色に変色する場合があります。

紫色に変色したブロッコリー

これは、ブロッコリーが寒さから身を守るために「アントシアニン」という成分(ポリフェノールの一種)を作るために起こる現象です。

自然現象なので食べても問題はなく、茹でれば緑色に戻ります。むしろ、寒さから身を守るために糖度が高まるので、甘くて美味しいです。