ブロッコリーの栽培方法・育て方のコツ

ブロッコリーの栽培

家庭菜園の初心者の方向けに、ブロッコリーの栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

ブロッコリー栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

ブロッコリー栽培の特徴

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
ブロッコリー アブラナ科 6.0〜6.5 あり:輪作年限2〜3年

ブロッコリーは主枝の頂点につく「つぼみ(頂花蕾 ちょうからい)」を食べます。

頂花蕾を収穫した後も、わき芽を伸ばして、葉のつけ根にできる「つぼみ(側花蕾 そくからい)」を収穫して長く楽しめます。

栽培のポイント

  • 春まきは苗を大きめに育て、畑に定植後は寒冷紗をトンネル掛けして害虫を防ぐ
  • 多湿に弱いので特に春まきは高畦にする

ブロッコリーの栽培時期

ブロッコリーの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

春まき、夏まきができ、それぞれポットで育苗して畑に植え付けます。

ブロッコリーの栽培時期・栽培スケジュール

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

ブロッコリーの栽培方法

ブロッコリーの栽培方法は、次のような流れになります。

種まき・育苗

ブロッコリーの種
ポットへブロッコリーの種まき
ブロッコリーの発芽
ブロッコリーの育苗

9cmポットに3〜4粒ずつ種をまき、軽く覆土して、たっぷりと水をやります。

発芽したら段階的に間引いて1本立ちにし、夏まきなら本葉5〜6枚、春まきなら本葉7枚と大きめに育てます。

ポット苗は、そのまま暖かい環境で育てます。

⇛ 庭やベランダで作る簡易な育苗ハウス・ビニール温室

土作り

ブロッコリーは排水性と保水性がいい肥沃な土壌を好みます。

元肥と堆肥を鋤き込んで耕し、株間40〜50cm、畝幅45cmを確保して、少し高めの畝を立てます。

pHは6.0〜6.5が目安。

土壌が酸性だと「根こぶ病」が出やすくなるので、石灰を入れてpH調整しておきましょう。

肥料

栽培期間を通じて肥料が効いている必要がありますが、リン酸が不足したり、窒素が多すぎたりすると、茎葉ばかりが茂って花蕾ができにくくなります。

肥料には、「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

植え付け

ブロッコリーの植え付け

本葉5〜6枚(夏まき)/本葉7枚(春まき)まで苗が育ったら、畑に定植します。

株間40cm〜50cmで、深植えにならないように植え付けます。

定植の前にポットごと水につけて吸水させておくか、定植後たっぷりと水をやります。

連作障害・コンパニオンプランツ

ブロッコリーは、連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を2〜3年あけるようにします。

また、アブラナ科野菜のブロッコリーには、「モンシロチョウ」や「コナガ」の幼虫が寄生して葉を食害します。

そこで「コンパニオンプランツ」として、これらが嫌うキク科の野菜(シュンギク、レタスなど)を近くに植えることで、害虫がつくのを防ぐ効果があります。

防虫ネットを掛ける

ブロッコリーに防虫ネット

定植したら、アオムシや芯食い虫などの害虫を防ぐためにトンネルに防虫ネット/寒冷紗を掛けておきます。

特に、苗が小さい時に中央の生長点を「芯食い虫」に食べられると、収穫まで育てるのは難しくなるため要注意。見つけたら取り除くようにしましょう。

追肥・土寄せ

ブロッコリーの追肥
ブロッコリーの土寄せ

株を十分に育てると品質が向上するので、追肥を施して外葉をしっかり育てます。

植え付け2週間後、本葉7〜8枚の頃に1回目の追肥を行います。また、このタイミングで土寄せをして株を安定させます。

その1ヶ月後に、2回目の追肥をします。

尚、頂花蕾ができてからの追肥は、茎空洞症やつぼみの質が悪くなるのでしないこと。

花蕾がついてくる

主枝の頂部に花蕾(頂花蕾)がついてきます。

ブロッコリーのつぼみ(頂花蕾)

収穫

収穫期のブロッコリー
ブロッコリーの収穫
収穫したブロッコリー

株の頂点にできた「つぼみ(頂花蕾)」が10cm以上になると収穫時期です。

収穫は、頂花蕾の下を切り取って収穫します。

また、頂花蕾をとった後に出てくるわき芽を伸長させて、2回目の収穫(側花蕾)を楽しむことができます。

わき芽を伸ばして2回目の収穫

ブロッコリーのわき芽にできた側花蕾

頂花蕾を寒くなる前に摘むと、わき芽が伸びて葉のつけ根に側花蕾が出てきます。

側花蕾は頂花蕾を採るとできるので、2回目の収穫も楽しみたい場合は、頂花蕾を早めに収穫するのがコツです。

側花蕾の数と大きさは、頂花蕾を切り取る場所で、次のように決まります。

ブロッコリーの採り方で側花蕾の数と大きさが決まる

頂花蕾を採る時に茎をできるだけ短く切れば、わき芽が多く残るので、小さな側花蕾がたくさん採れます。茎を長くつけて切ると、わき芽が少なって、側花蕾の数は減ります。

寒さに当たると紫色に変色する

ブロッコリーは、寒さに当たると花蕾が紫色に変色する場合があります。

紫色に変色したブロッコリー

これは、ブロッコリーが寒さから身を守るために「アントシアニン」という成分(ポリフェノールの一種)を作るために起こる現象です。

茹でれば緑色になるので問題なく食べることができます。むしろ、寒さから身を守るために糖度が高まるので、甘くて美味しいです。

生理障害

リーフィ

「さし葉」や「葉挿し」とも呼ばれ、花蕾の中に小さな葉が出ます。

花蕾の発育中に30℃以上の高温にあうと発生し、窒素過多で助長します。

ボトニング

花蕾が十分に育たず、小さくなること。

植物体が小さい内に長期低温にあったり、肥料不足が原因で発生します。

ヒュージー

花蕾の表面に羽毛立ちが発生し表面を覆います。

花蕾の発育中に30℃以上の高温にあったり、窒素過多が原因で発生します。

発生しやすい病害虫

ブロッコリーに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

軟腐病(なんぷびょう)

暗緑色で水浸状になり、軟化して独特の悪臭を放ち腐敗します。

⇛ 軟腐病の症状と対策・予防法

根こぶ病

茎葉がしおれては回復を繰り返し、根に大小のこぶができます。

⇛ 根こぶ病の症状と対策・予防法

ピシウム腐敗病

茎では地ぎわが白くなり、水浸状の病斑となります。

苗では褐色の病斑ができたのち、苗全体が倒れてしまいます。

⇛ 腐敗病の症状と対策・予防法

べと病

葉に淡褐色の病斑ができ、裏面にすす状のカビが発生します。

⇛ べと病の症状と対策・予防法

モザイク病

葉全体にやや黄化したモザイク症状が発生します。一般的に花蕾球での異常はありません。

原因ウイルスをアブラムシが媒介します。

⇛ ウイルス・モザイク病の症状と対策・予防法

害虫

アオムシ(モンシロチョウ)

カブの畝で見つけたアオムシ(モンシロチョウ)

緑色の細かい毛がうっすらと生えた小さなイモムシが、葉を食害します。

⇛ アオムシ(モンシロチョウ)の特徴と対策・予防法

ニセダイコンアブラムシ

体長2mmの暗緑色の小さな虫が集団で棲みつき、吸汁加害します。

モザイク病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アブラムシの特徴と対策・予防法

コナガ

体長10mmほど、淡緑色の幼虫が葉を食害します。

⇛ コナガの特徴と対策・予防法

ネキリムシ

ネキリムシ

体長4cmほどのイモムシ状の幼虫が、地ぎわで苗を噛み切ります。

⇛ ネキリムシの特徴と対策・予防法

ハイマダラノメイガ(芯食い虫)

イモムシ状の幼虫が芯の部分に寄生して、新芽をつづり合わせて食害します。

⇛ メイガ類の特徴と対策・予防法

タマナギンウワバ(ヤガ類)

緑の体色をしたイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

⇛ ヤガ類の特徴と対策・予防法

ハスモンヨトウ

ハスモンヨトウ(ヨトウムシ)

茶色でイモムシ状の幼虫が葉を食害します。

⇛ ヨトウムシの特徴と対策・予防法

他にも「ブロッコリー」関連の記事を読む