エンドウ(えんどう豆)の栽培方法・育て方のコツ

エンドウ(えんどう豆)の栽培方法・育て方のコツ

家庭菜園の初心者の方向けに、エンドウ(えんどう豆)の栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

エンドウ栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

エンドウ栽培の特徴

エンドウ(えんどう豆)の栽培の様子

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
エンドウ マメ科 6.5〜7.0 あり:輪作年限4〜5年

スナップエンドウ、キヌサヤ(絹さや)、グリンピースはエンドウの仲間です。

それぞれ育て方は同じですが、実とサヤの利用の仕方によって収穫時期が異なります。

マメ科の中でもエンドウは連作すると病気が出やすいので、次の年には育てる場所を変えましょう。

秋に植えて小さな苗の状態で冬越しをさせると、寒い間に根を十分に張り春先から地上部が生長します。

栽培のポイント
  • 幼苗の頃がもっとも耐寒性があるので、越冬するときに苗が大きくなりすぎないよう適期に種まきをする
  • 春先と花が咲いた頃にタイミングよく追肥すると収量が上がる

エンドウの品種

スナップエンドウ(スナックエンドウ)

スナップエンドウ

豆とサヤの両方を食べます。(若い実と柔らかいサヤを採る。)

MEMO

スナップエンドウ?スナックエンドウ?

→正式名称はスナップ(snap=ポキっと折れる)エンドウ。スナックエンドウは「サカタのタネ」の商品名で、どちらも同じ豆です。

キヌサヤ(絹さやエンドウ)

キヌサヤ(絹さや)

サヤ(幼果)を食べます。(実が未熟な若いサヤを採る。)

グリーンピース

グリーンピース

豆を食べます。(丸く膨らんだ実を採り、サヤは固くて食べない。)

エンドウの栽培時期

エンドウの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

11月上旬に種をまき、5月頃に収穫することができます。

エンドウ(えんどう豆)の栽培時期・栽培スケジュール

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

エンドウの栽培方法

エンドウの栽培方法は、次のような流れになります。

土作り

エンドウは、連作障害が出やすく、酸性土壌を嫌い、過湿も乾燥も苦手という気難しい野菜ですが、適した土壌を用意できれば、あとはスクスク育ってくれます。

水はけと日当たりがよく、同じ場所で数年間はマメ科野菜を育てていない場所を選びましょう。

種まきの3週間前に堆肥を、2週間前に石灰を入れて耕しておきます。

エンドウは酸性の土を嫌うため、pH(酸度)調整をしっかりと行います。

pHは6.5〜7.0が目安です。

その後、種まきの1週間前に元肥を入れ、株間30cmを確保して畝を立てます。

肥料

マメ科の植物の根には、空気中の窒素を固定する根粒菌が共生していて、自ら栄養分を作り出します。(根粒菌は、根の粒に住みついています)

マメ科植物の根に付いている根粒菌
マメ科の根に付いている根粒菌

そのため、マメ科の植物には窒素肥料を控えめにします。多すぎるとツルボケになってしまうので注意しましょう。

エンドウは、秋から冬は越冬するだけなので植え付け時に栄養分はあまり必要ありません。元肥が多いと秋に成長しすぎて寒さに弱くなるため、越冬できなくなります。

春先になって成長が旺盛になると、たくさんの養分が必要になるので、定期的な追肥で補うようにします。

肥料には、「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

連作障害

エンドウは連作に弱いので、同じ場所での栽培間隔を4〜5年あけるようにします。

また、エンドウには、マメ科の根に付く根粒菌が空気中の窒素を固定して土壌を肥沃にし、菌根菌がリン酸分などの養分を吸収しやすくする効果があるため、コンパニオンプランツとしての利用もオススメです。

種まき

種は畑に直播きします。

MEMO
幼苗の状態で冬越しさせることが重要。小さすぎても大きすぎても冬を越せないことがあるので、適期に種まきをしましょう。

株間30cmで1ヶ所に3〜4粒ずつ、深さ2cmくらいに種まき。土を被せて軽く押して鎮圧し、たっぷりと水をやります。

スナックエンドウの種
エンドウの種まき

種まき直後は、カラスやハトが豆や芽を食べてしまうことが多いので、本葉が出るまで「不織布」などをベタ掛けしておくと安心です。

エダマメの種の鳥害対策に不織布を掛ける

発芽したらそのまま育て、間引きは越冬後に行います。

寒さ対策

小さい苗の状態で冬越しさせます。(目安の草丈は10〜15cm)

小さい苗で冬越しをさせると冬の間に根を張って春先からどんどん生長します。冬の寒さに合わせて根の張りが良くなることで花芽のつきも良くなり収量がアップします。

防寒対策として株元にもみ殻をまき、マイナス7度以下になる地域では「寒冷紗」をかけて保温しておきましょう。

エンドウの防寒に籾殻をまく

うちでは、先に支柱を立てておいて、誘引紐に吊るしたワラの束で苗を囲み霜除けをしています。

藁の束で囲んでエンドウの寒さ対策

間引き

越冬後、間引いて2本立ちにします。(写真の苗は少し大きくなりすぎています…)

エンドウ苗の間引き

MEMO
苗を2本残して競合させた方が、根張りがよく、実りがよくなるとも言われます。

支柱立て・誘引

エンドウの支柱立て

つるが伸び始めた頃に支柱を立ててネットを張り、ツルを絡ませて誘引します。

株が広がってしまう前に、ネットを張っておきましょう。

追肥1回目

エンドウに追肥1回目

冬を越し生長し始める3月上旬に1回目の追肥。

畝の肩にひとつかみずつ撒きます。

追肥2回目

エンドウの開花

生長が盛んで花が次々と咲いている時期に2回目の追肥を行うと、実つきが良くなります。

花は品種により白花、赤花があります。

水やり

開花後は乾燥させないよう、雨が降らないときは適時水やりを行います。

この時期に乾燥すると、おいしいサヤができません。

収穫

花の後には小さな実がつきます。

エンドウの花の後に小さな実がつく

収穫期には次々と実がなるので、種類に応じた適期に収穫を行います。

収穫適期のスナップエンドウ

スナップエンドウは、サヤが丸々と太り、爽やかな緑色の頃に収穫。(開花から約20-25日)

採り遅れるとサヤも豆も固くなって風味も落ちます。サヤがみずみずしいうちに収穫しましょう。

収穫適期の絹さやエンドウ

キヌサヤは、サヤが十分に成長した頃に収穫。(開花から約15日)

日が透けて豆がうっすら見えるくらいが適期です。

グリーンピース

グリーンピースは、サヤの光沢がなくなる頃に収穫。(開花から約1ヶ月)

サヤをつまみ、軸の付け根からポキっと摘み取って収穫します。

適期を過ぎると固くなり風味も落ちてしまいます。また、早めの収穫を心掛けることで株が疲れず、次々とサヤができるため、収穫期間も長く楽しめます。

発生しやすい病害虫

エンドウに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

うどんこ病

葉の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。

被害が進むと葉全体が白く覆われて生育が悪くなり、ひどい場合は株全体が枯れ上がります。

⇛ うどんこ病の症状と対策・予防法

モザイク病

葉に緑色濃淡のモザイク模様が現れ、葉が変形したり、茎に褐色状の壊疽が生じます。

原因ウイルスをアブラムシが媒介します。

⇛ ウイルス・モザイク病の症状と対策・予防法

その他の病気
褐斑病 葉・茎・サヤ・種子に発生。葉には褐色の病斑、サヤには赤褐色で凹みのある病斑が生じます、
べと病 葉に淡黄色の病斑、葉裏にはカビが発生し、サヤに薄白色の病斑を生じます。

害虫

エンドウヒゲナガアブラムシ

体長4mmほどの淡緑色の虫が、葉、花、サヤに群がって吸汁加害します。

ウイルス病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アブラムシ被害の特徴と対策・予防法

ナモグリバエ

体長3mmほどの乳白色の幼虫が葉肉の中から葉を食害し、葉の表面に絵を描いたような白い筋状の食痕を残します。

⇛ ハモグリバエ被害の特徴と対策・予防法

シロイチモジヨトウ

エンドウについたシロイチモジヨトウ

淡緑色で背に白い筋のあるイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

⇛ ヨトウムシ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫
ウラナミシジミ 体長約15mm、暗緑色でイモムシ状の幼虫が蕾、花、サヤを食害します。
野菜の育て方