クウシンサイ(空芯菜)の栽培方法・育て方のコツ

家庭菜園の初心者の方向けに、クウシンサイ(空芯菜)の栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

クウシンサイ栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

クウシンサイ栽培の特徴

クウシンサイ(空芯菜・エンサイ)の栽培

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
クウシンサイ ヒルガオ科 6.0〜6.5 連作可能

芯に空洞がある茎が特徴のクウシンサイ(空芯菜)。別名で、エンサイ、エンツァイ、ヨウサイとも呼ばれます。

熱帯アジア原産のため暑さに強く、夏の間、次々と分枝して先端を収穫することができます。

葉ものの少ない夏から秋に収穫でき、連作障害も出にくいので、輪作に組み入れやすい野菜です。

栽培のポイント

  • 茎葉が伸びて大きくなるので、株間は60cmとる
  • 雑草が出やすい時期なので、マルチで雑草対策をする

クウシンサイの栽培時期

クウシンサイの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

育苗する場合は4月中旬頃、直播きする場合は5月以降、気温が上がってからが種まき時期です。

クウシンサイ(空芯菜)の栽培時期・栽培スケジュール

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

クウシンサイの栽培方法

クウシンサイの栽培方法は、次のような流れになります。

種まき

空芯菜の種
空芯菜の種まき
空芯菜の若苗

ポットに2粒ずつ、指で第一関節まで押しこむくらいの深さに種をまき、たっぷりと水をやります。

本葉が1、2枚出た頃に、良い苗を選んで1本に間引きます。

また、クウシンサイは畑に直播きもできます。直播きする場合は、5月以降の気温が上がってから。1ヶ所に3粒ずつ種まきし、途中で間引いて1本にします。

クウシンサイは固有の品種が少なく、クウシンサイ、エンサイ、エンツァイ、ヨウサイなど、野菜名をそのまま品種名として売られています。

土作り

クウシンサイは肥料好きなので、たっぷりの元肥と堆肥を鋤き込んで耕しておきます。

茎葉が伸びて大きく育つので、株間は60cmほど確保し、畝を立てます。

pHは6.0〜6.5が目安です。

肥料

サツマイモと同じヒルガオ科ですが、イモはできないので、窒素を多めに施します。

肥料には、「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

植え付け

定植期の空芯菜の苗
空芯菜の植え付け

苗が本葉4、5枚になったら、定植の適期です。

株間60cmほどで、畑に植え付けます。

定植の前にポットごと水につけて吸水させておくか、定植後たっぷりと水をやります。

雑草対策にマルチを掛けておくと、後々の管理がラクになります。

連作障害・コンパニオンプランツ

クウシンサイは連作障害が出にくいため、同じ場所での連作が可能です。

追肥

空芯菜の追肥

草丈が15cmくらいで、1回目の追肥を行います。株間にパラパラと肥料を施します。

その後、収穫期間が長いので、月に2回ほど追肥をしていきます。

収穫

空芯菜の収穫
収穫した空芯菜
空芯菜の茎は空洞になっている
空芯菜のわき芽を摘んで収穫する
次々にわき芽が出る空芯菜

クウシンサイは、伸びてきたわき芽を次々に収穫する栽培方法をとります。

最初の収穫は草丈が30cmの頃、摘心を兼ねて、主枝の下の方の葉を2、3枚残して切ります。

以降は、次々にわき芽が出てくるので、芽先を15〜20cmの長さで切って収穫していきます。

途中、肥料切れに注意しながら、月に2回ほど追肥をしていくことで、秋まで収穫することができます。

発生しやすい病害虫

クウシンサイに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

それほど注意が必要な病気はありません。

害虫

イモキバガ(イモコガ)

イモムシ状の幼虫が葉を巻いて中に潜み、食害します。

⇛ イモキバガ(イモコガ)の特徴と対策・予防法