ナメクジの特徴と対策・予防法

ナメクジ

主にキク科とアブラナ科の野菜を舐めるように食害する「ナメクジ」。

ナメクジ被害の特徴と、対策・予防法をまとめています。

ナメクジの特徴

ナメクジが発生しやすい野菜
イチゴ、キャベツシイタケナスネギハクサイピーマン・パプリカレタス、など

ナメクジはカタツムリと同じ陸貝の仲間で、貝のない陸生貝の総称。

雑食性ですが、キク科とアブラナ科の植物を好みます。新芽や若葉などの柔らかい葉を舐めるように食害します。大きく育った葉は固くて食べません。

雨が降った後や水をまいた後など、湿り気の多い時、葉が濡れている夜間に活発に行動します。

昼間は石や鉢の下、落葉の中、土の中に潜んでいます。ハクサイなどの結球した葉と葉に潜んでいるのは、湿気があって棲み心地がいいからです。

ナメクジの対策・予防法

対策

幼苗の頃は要注意。見つけしだい駆除します。

夜行性なのでトラップを仕掛けると効率的です。深めの容器にビールかオレンジジュースを入れて野菜の株元に置くと、誘引されて容器に入ります。(浅めの容器だと飲み逃げされます)

塩をかけると死ぬと言われますが、小さくなるだけで、駆除するには熱湯の方が効果的です。

また、天然成分でナメクジを直接散布で退治できる「ナメ退治スプレー」も有効です。散布場所にナメクジを近寄りにくくする忌避作用もあります。

予防法

若い雑草もナメクジの餌になるので、株周りに雑草を適度に生やしておくと被害を軽減できます。

ナメクジはツバキを嫌う性質があるので、野菜の周囲にツバキの実や葉を刻んでまいておくと忌避できます。また、アブラナ科よりキク科の方を好むので、キク科のおとり作物を育てるのも1つです。

また、天然成分を用いたナメクジ忌避剤「ナメ退治忌避粒剤」も有効です。パラパラとまくだけで、ナメクジを寄せ付けません。