ハモグリバエの特徴と対策・予防法

ハモグリバエの幼虫

幼虫が葉の中を食害し、葉に白い模様筋が現れる「ハモグリバエ」。

ハモグリバエ被害の特徴と、対策・予防法をまとめています。

ハモグリバエの特徴

ハモグリバエが発生しやすい野菜
インゲン、オクラカブキャベツキュウリコマツナシュンギク、スイカ、チンゲンサイトマト、ネギ、ハクサイピーマン・パプリカ、など

幼虫が葉の組織を食べトンネルを掘るように食害するハモグリバエ。温室などに多発します。

葉の表面に白い筋状の食痕を残し、絵を描いたように見えるのでエカキムシとも呼ばれます。

被害のあった葉を透かしてみると約2mmの幼虫が見つかります。また、筋状の模様の脇に黒い汚れがあるのは幼虫の排泄物です。

ハモグリバエの幼虫

被害が進むと葉全体が食害されて真っ白になり枯れてしまいます。

写真は、キャベツの苗を食害するハモグリバエ。

キャベツの苗の葉を食害するハモグリバエ

オクラの苗を食害するマメハモグリバエ。

オクラの葉を食害するマメハモグリバエ
オクラの葉を食害するマメハモグリバエ

ハモグリバエの対策・予防法

対策

絵描き状に食害された葉を見つけたらすぐに摘み取り、被害の拡大を防ぐことが最良の対処法です。

農薬(殺虫剤)を使う場合は、「ベニカベジフルスプレー」などが有効です。幅広い害虫に効果があり、速効性と持続性を兼ね備えているため、1つあると何かと便利です。

予防法

予防として、種まき直後から寒冷紗や防虫ネットをトンネル掛けしておきます。