カブ(蕪)の栽培方法・育て方のコツ

家庭菜園の初心者の方向けに、カブ(蕪)の栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

カブ栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

カブ栽培の特徴

カブの栽培

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
カブ アブラナ科 5.5〜6.5 あり:輪作年限1年

涼しい気候を好むカブは、真夏を避けた春まきと秋まきで年に2回の旬を楽しめます。

植え替えができないので畑に直播きし、苗が小さいうちは害虫に食害されないように注意が必要です。

子カブは栽培期間が短いので、追肥は行わず、最初に与える元肥だけで育てます。

栽培のポイント

  • 種まきをずらして数回まけば、長い間収穫できる
  • 寒さが厳しい早春まき、晩秋まきの場合は、トンネル掛けして栽培する

カブの栽培時期

カブの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

寒さが厳しい春まき(春まき1)、晩秋まき(秋まき2)の場合は、トンネル掛けして栽培します。

カブ(蕪)の栽培時期・栽培スケジュール

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

カブの栽培方法

カブの栽培方法は、次のような流れになります。

土作り

カブは種まきから収穫までの期間が短いので、早めに土作りして土壌微生物相を安定させ、発芽してすぐに肥料成分を吸収できるようにしておくことが大切です。

種まきの3週間以上前に、元肥と堆肥を鋤き込んで耕しておきます。

連作障害による「根こぶ病」の発生を防ぐため、高畝にして水はけをよくしておきます。

pHは5.5〜6.5が目安です。

また、土が固く、土の塊や残渣があると玉の形がゆがむ原因になるため、よく耕しておくことが大切です。

肥料

カブは、小さいのに肥料好き。生育初期からリン酸をよく効かせると肥大がよくなります。

肥料は、窒素・リン酸・カリをバランスよく施します。「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

種まき

カブ(蕪)の種
カブ(蕪)の種まき

種は畑に直播きします。

条間20cm(大カブの場合は30cm)でまき溝をつけ、2cm間隔で条播きに。軽く覆土をして鎮圧し、たっぷりと水をやります。

種まきは条播きの方が良い

条播きにすると競い合って根を伸ばすため、発芽とその後の生育がよくなります。

また、カブは胚軸(茎と根の中間部分)が肥大したものなので、肥大すると割れやすい性質があります。

しかし、条播きにすることで、胚軸の伸長と肥大を見極めながら質の良いものを残して間引くことができるので、都合が良いというのも理由です。

連作障害・コンパニオンプランツ

カブは、連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を1年あけるようにします。

また、アブラナ科野菜のカブには、「モンシロチョウ」や「コナガ」の幼虫が寄生して葉を食害します。

そこで「コンパニオンプランツ」として、これらが嫌うキク科の野菜(シュンギク、レタスなど)やセリ科の野菜(ニンジンなど)を近くに植えることで、害虫がつくのを防ぐ効果があります。

防虫ネットまたは寒冷紗を掛ける

カブ(蕪)に防虫ネット

春まきの場合は特に、苗が小さいうちは害虫がつきやすいので、種まきの直後に防虫ネットを掛ける、または寒冷紗をベタ掛けしておくと安心です。

間引き

本葉が出たらカブ(蕪)の間引き1回目
カブ(蕪)の間引き
間引いたカブも食べられる

生長に合わせて間引きします。

本葉が出たところで1回目の間引き、本葉3枚で2回目、5枚で3回目の間引きをし、最終的には株間を小カブ10cm、中カブ20cm、大カブ30cmほどの間隔にします。

1回で間引いてしまうと早く肥大しすぎて実割れを起こす場合があります。また、間引きが遅れると胚軸が徒長して、これも割れの原因となるため、3回に分けてタイミングよく間引くことが大切です。

間引き菜は、サラダや味噌汁、おひたしなどにして、美味しく食べられます。

追肥・土寄せ

追肥は、2回目の間引き後に行います。条間にパラパラと施します。

また、土が固くなると生育が悪くなるため、手で周りの土をほぐし土寄せをしておきます。

子カブは栽培期間が短いので、追肥は行わず、最初に与える元肥だけで育てます。

収穫

収穫適期のカブ(蕪)
カブ(蕪)の収穫
赤カブ(蕪)の収穫

種まきから約45〜60日で収穫適期です。

地面にカブの白い肩が出ていて、大きいものから収穫していきます。

葉を手でまとめて、株元をつかんで引き抜きます。

収穫適期を過ぎると、玉が割れたり、スが入ったりして味が落ちてしまうため、適期を逃さないようにしましょう。

収穫遅れたカブ(蕪)

写真は収穫適期が過ぎたもの。白カブの皮が赤くなり、皮が固くて美味しくありませんでした…

発生しやすい病害虫

カブに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

白さび病

葉の表面、茎に乳白色の膨れた斑点ができます。

⇛ さび病の症状と対策・予防法

根こぶ病

茎葉がしおれては回復を繰り返し、根に大小のこぶができます。

⇛ 根こぶ病の症状と対策・予防法

べと病

葉に淡褐色の病斑ができ、裏面にすす状のカビが発生します。

⇛ べと病の症状と対策・予防法

モザイク病

葉がモザイク症状に、根にも発生し、凹凸が現れ奇形化、肉質が低下します。

原因ウイルスをアブラムシが媒介します。

⇛ ウイルス・モザイク病の症状と対策・予防法

害虫

アオムシ(モンシロチョウ)

カブの畝で見つけたアオムシ(モンシロチョウ)

緑色の細かい毛がうっすらと生えた小さなイモムシが、葉を食害します。

⇛ アオムシ(モンシロチョウ)の特徴と対策・予防法

ニセダイコンアブラムシ

体長2mmの暗緑色の小さな虫が集団で棲みつき、吸汁加害します。

モザイク病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アブラムシの特徴と対策・予防法

カブラハバチ

カブラハバチの幼虫

黒藍色をしたイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

⇛ カブラハバチの特徴と対策・予防法

キスジノミハムシ

成虫(体長3mmほどの甲虫)は葉を、幼虫は根を食害します。

⇛ キスジノミハムシの特徴と対策・予防法

コナガ

体長10mmほど、淡緑色の幼虫が葉を食害します。

⇛ コナガの特徴と対策・予防法

ハモグリバエ

ハクサイについたハモグリバエ

乳白色の幼虫が歯肉の中から葉を食害し、葉の表面に絵を描いたような白い筋状の食痕を残します。

⇛ ハモグリバエの特徴と対策・予防法

ハスモンヨトウ

カブについたハスモンヨトウ(ヨトウムシ)

体長3cm〜4cmほど、茶色のイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

⇛ ヨトウムシの特徴と対策・予防法

このページをシェアする