ハクサイ(白菜)の栽培方法・育て方のコツ

ハクサイの栽培

家庭菜園の初心者の方向けに、ハクサイ(白菜)の栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

ハクサイ栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

ハクサイ栽培の特徴

ハクサイ栽培の様子

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
ハクサイ アブラナ科 6.0〜6.5 あり:輪作年限2〜3年

中国が原産地のハクサイは、冷涼な気候を好む、秋まき野菜の代表格です。

外葉の育ち具合が球のできを左右します。

甘くてみずみずしい大玉のハクサイを採るには、外葉を大きく育てる、タイミングの合った追肥がポイントです。

播種(種まき)から収穫までの日数は、約60日〜120日となります。(品種・作型によって異なります)

栽培のポイント
  • 秋まきの時期が早過ぎると病害虫が発生しやすく、遅すぎると結球しないので、種まきの時期が大切
  • 苗が小さいうちは、害虫対策をしっかりと
  • 元肥を多めに入れ、こまめに追肥して外葉を十分に育てる

ハクサイの栽培時期

ハクサイの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

秋まきの時期が早過ぎると病害虫が発生し、遅すぎると結球しないので、種まきの時期が大切です。

ハクサイ(白菜)の栽培時期・栽培スケジュール

畑に直播きする場合は、育苗より遅めの9月上旬に畑に種をまき、間引いて育てます。

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

ハクサイの栽培方法

ハクサイの栽培方法は、次のような流れになります。

種まき・育苗

白菜の種
ポットに白菜の種まき
白菜が発芽して双葉が開く
白菜の育苗

ポットに3〜4粒ずつ種をまき、軽く覆土して、たっぷりと水をやります。

双葉が開いたら2〜3本に間引き、本葉2枚の頃に1本立ちにします。

適期の種まきが大事

ハクサイは種まき適期が5〜7日と短く、早いと暑さに遭い、遅いと結球しません。そのため、品種に適応した地域ごとの種まき適期を守ることが大切です。

苗は、そのまま暖かい環境で育てます。

⇛ 庭やベランダで作る簡易な育苗ハウス・ビニール温室

育苗のポイント
  • 日光には充分当てるが、高温になりすぎないよう換気に注意
  • 夜に水分が多いと徒長の原因になるため、水やりは朝に行う

土作り

ハクサイの根は細いですが広く分布するので、耕土が深く、排水性、通気性、保水性にすぐれた土壌を用意します。

植え付け3週間前に堆肥を、2週間前に石灰を入れて耕しておきます。

酸性土だと「根こぶ病」が発生しやすくなるので、土壌の酸度調整(pH)はしっかりと行いましょう。

pHは6.0〜6.5が目安です。

その後、植え付け1週間前に元肥を入れ、株間40〜50cm、畝幅50cmを確保して畝を立てます。

肥料

ハクサイは肥沃な土を好むため、肥料切れさせないように、窒素・リン酸・カリをバランスよく施します。「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

大きな球を収穫するためには、初期育成を促し、外葉を大きく育てるのがポイント。

植え付け

白菜の苗の植え付け

本葉4〜5枚が出た頃が定植時期です。

株間40〜50cmほどで、畑に定植します。

株間は、早生種40cm、中生・晩生種は大きく育つので50cmに。

定植の前にポットごと水につけて吸水させておくか、定植後たっぷりと水をやります。

直播きの場合

畑に直播きする場合は、育苗する場合より遅めの9月上旬に畑にまきます。

株間40〜50cmほどで、1穴に5〜6粒ずつ種まき。

本葉2〜3枚から間引きし、本葉5〜6枚で最終間引きして1本にします。

ハクサイは発根の力が弱いので、根を痛めやすい移植栽培よりも、直播き栽培の方がスムーズに生育します。しかし、種まき時期が夏場の高温乾燥期で病害虫被害に遭いやすいので、種を多めにまいておきます。

連作障害・コンパニオンプランツ

ハクサイは、連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を2〜3年あけるようにします。

また、アブラナ科野菜のハクサイには、「モンシロチョウ」や「コナガ」の幼虫が寄生して葉を食害します。

そこで「コンパニオンプランツ」として、これらが嫌うキク科の野菜(シュンギクレタスなど)を近くに植えることで、害虫がつくのを防ぐ効果があります。

防虫ネットを掛ける

白菜の若苗に防虫ネット

苗が小さいうちは害虫がつきやすいので、植え付け直後に防虫ネットを掛けておくと安心です。

また、収穫期には虫害の心配はなくなりますが、そのままトンネルを掛けておくことで霜よけにもなります。

追肥

白菜に追肥

ハクサイは外葉が大きくならないと結球しないため、こまめに追肥して外葉を十分に育てます

1回目の追肥は、定植から2週間後。除草を兼ねて中耕しておきます。

その後、2〜3週間おきに合計1〜2回の追肥を行います。

結球し始める

白菜の結球し始め

外葉が15枚くらいになると、結球し始めます。

この頃から水分要求量が増えるので、雨が降らない時は水やりをしておきます。

収穫

固くしまった白菜から収穫
根元を切って白菜を収穫
白菜の収穫

植え付けから約60日後、ハクサイの頭を手で押さえてみて、かたく締まっていたら収穫できます。

外葉を開いて結球部分を横に倒し、根元を切り取って収穫します。

霜や寒風にさらされると、球の頂部や外葉がカサカサになり、そこから腐ったりしてくるため、初霜が降りる前に収穫を終えるようにしましょう。

冬越しする場合

白菜の防寒対策

12月に入り霜が降りると、寒さでハクサイが傷んでしまいます。

越冬する場合は、結球部分を外皮で包み込むように、上部を紐で縛っておきます。

こうすると外葉が枯れるだけで中の葉は守られるので、2月頃まで畑に置いておくことができます。

トラブル・生育不良

ハクサイ栽培によくある、トラブル・生育不良などをまとめています。

結球しない

結球しなかった白菜

葉が巻かなかったのは、定植時期が遅かったか、肥料が少なかったのが原因です。

結球には、初秋の成長期に一定の葉数が育っている必要があります。

そのためには、適期の種まきと定植、元肥をしっかり与え、生長に応じて追肥することで、健全な株に育てることが大切です。

本格的な寒さがくる前に、外葉が大きく広がり、しっかり育っていれば、放っておいても巻き始めます。

生長が遅れているようであれば、ビニールトンネルを設置して保温し、生長の遅れを取り戻しましょう。

発生しやすい病害虫

ハクサイに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

黒腐病(くろぐされびょう)

葉の縁に黄色いV字型の黄斑ができます。

⇛ 黒腐病の症状と対策・予防法

黒斑病(こくはんびょう)

葉に淡褐色〜黒色の病斑ができます。

⇛ 黒斑病の症状と対策・予防法

軟腐病(なんぷびょう)

組織が水浸状になり、軟化して独特の悪臭を放ち腐敗します。

⇛ 軟腐病の症状と対策・予防法

根こぶ病

茎葉がしおれては回復を繰り返し、根に大小のこぶができます。

⇛ 根こぶ病の症状と対策・予防法

白斑病(はくはんびょう)

白菜に発生した白斑病

葉に灰白色の病斑ができます。

⇛ 白斑病の症状と対策・予防法

モザイク病

葉に濃淡のモザイク模様が現れ、ひどくなると生育不良で結球も不良になりやすくなります。

原因ウイルスをアブラムシが媒介します。

⇛ ウイルス・モザイク病の症状と対処・予防法

害虫

アオムシ(モンシロチョウ)

カブの畝で見つけたアオムシ(モンシロチョウ)

緑色の細かい毛がうっすらと生えた小さなイモムシが、葉を食害します。

⇛ アオムシ(モンシロチョウ)の特徴と対策・予防法

アブラムシ

小さな虫が集団で棲みつき、吸汁加害します。主に、ニセダイコンアブラムシ、モモアカアブラムシ。

モザイク病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アブラムシの特徴と対策・予防法

キスジノミハムシ

成虫(体長3mmほどの甲虫)は葉を、幼虫は根を食害します。

⇛ キスジノミハムシの特徴と対策・予防法

コナガ

体長10mmほど、淡緑色の幼虫が葉を食害します。

⇛ コナガの特徴と対策・予防法

ダイコンハムシ(ダイコンサルハムシ)

ハクサイを食害するダイコンハムシの幼虫

体長1cmに満たない、黒色の幼虫、成虫(丸い形をした甲虫)が、葉を食害します。

⇛ ダイコンハムシ(ダイコンサルハムシ)の特徴と対策・予防法

テントウムシダマシ

テントウムシダマシ

益虫のテントウムシと違い、黒い斑点が28個と多いのは害虫のテントウムシダマシ。葉を食害します。

⇛ テントウムシダマシの特徴と対策・予防法

ナメクジ

新芽や若葉などの柔らかい葉を舐めるように食害します。

⇛ ナメクジの特徴と対策・予防法

ハモグリバエ

白菜についたハモグリバエ

乳白色の幼虫が歯肉の中から葉を食害し、葉の表面に絵を描いたような白い筋状の食痕を残します。

⇛ ハモグリバエの特徴と対策・予防法

ヨトウムシ

カブについたハスモンヨトウ(ヨトウムシ)

イモムシ状の幼虫が葉を食害します。主に、ヨトウガ、シロイチモジヨトウ、ハスモンヨトウ。

⇛ ヨトウムシの特徴と対策・予防法