ピーマン・パプリカの栽培方法・育て方のコツ

家庭菜園の初心者の方向けに、ピーマン・パプリカの栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

ピーマン・パプリカ栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

ピーマン・パプリカ栽培の特徴

ピーマン・パプリカの栽培

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
ピーマン ナス科 6.0〜6.5 あり:輪作年限4〜5年

緑色のピーマンは多少の苦味もありますが、赤や黄色に完熟して甘みがでるカラーピーマン、肉厚なパプリカも人気。

苗作りは温度管理が難しいので、家庭菜園など小規模なものでは、市販の苗を利用するのがオススメです。

上手に育てれば、夏から秋にかけて1株40〜50個も採れるので、肥料を切らさないよう定期的な追肥が大切です。

栽培のポイント

  • 過湿にも乾燥にも弱いため、高畝で水はけをよくして定期的に追肥を施しながら育てる
  • カラーピーマン・パプリカは、完熟してから収穫する

カラーピーマンとパプリカの違い

ピーマンもパプリカも、どちらもトウガラシの甘味種です。

ピーマンは緑色ですが、これは未成熟のものを収穫しているためです。ピーマンは完熟すると赤色や黄色、オレンジなどに色付き、その完熟果がカラーピーマンです。

パプリカは、カラーピーマンの中で大型で肉厚な品種のものを指します。

ピーマン・パプリカの栽培時期

ピーマン・パプリカの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

2月中旬に種をまいてポットで育てた苗は、5月上旬に植え付け、6月下旬から10月いっぱいまで長期間収穫できます。

ピーマン・パプリカの栽培時期・栽培スケジュール

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

ピーマン・パプリカの栽培方法

ピーマン・パプリカの栽培方法は同じで、次のような流れになります。

種まき・育苗

ピーマン・パプリカの苗
温室で育苗

3cm幅のまき溝に1〜2cm間隔ですじまき。

発芽して本葉2枚の頃にポット上げし、定植まで暖かい環境で育てます。

⇛ 庭やベランダで作る簡易な育苗ハウス・ビニール温室

育苗のポイント
  • 日光には充分当てるが、高温になりすぎないよう換気に注意
  • 夜に水分が多いと徒長の原因になるため、水やりは朝に行う

尚、種から育てると育苗期間が長くなり管理が難しくなるため、市販の苗を購入して育てるのが手軽でオススメです。

土作り

過湿にも乾燥にも弱いため、高畝にして水はけをよくしてやります。

また、ピーマン・パプリカは肥料好きなので充分な元肥と堆肥を入れて耕します。

株間60cm、畝幅60cmほどの広さを確保し、高さ20cm〜30cmの畝を立てておきます。

pHは6.0〜6.5が目安です。

肥料

茎葉を伸ばしながら次々と実をつけていくので、栽培期間を通じて肥料切れを起こさせないように、定期的に追肥します。

初期からリン酸を効かせることで、実付きがよくなります。肥料には、「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

植え付け

ピーマン・パプリカの定植

本葉6〜7枚出た頃が定植時期。

ピーマンもパプリカも高温を好むため、晴天の午前中に定植して活着を促進させます。

苗のポットを外し、根を崩さずに浅めに植え付けます。株間は60cmほど。

茎が弱くて風で折れやすいので、定植と同時に仮支柱を立てて支えておきます。

定植の前にポットごと水につけて吸水させておくか、定植後たっぷりと水をやります。

連作障害・コンパニオンプランツ

ピーマン・パプリカは、連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を4〜5年あけるようにします。

また、「コンパニオンプランツ」として、マメ科のラッカセイと一緒に植えるのもオススメです。

ラッカセイの根に付く根粒菌が空気中の窒素を固定して土壌を肥沃にし、また、根に付く菌根菌がリン酸分などの養分を吸収しやすくする効果があります。

一番花は摘み取る

ピーマンの一番花は摘み取る

1番花は、株を大きくするために摘み取ります。

摘み取らないと栄養分が実に転流する生殖成長が進み、株全体への栄養の配分が少なくなる(栄養成長ができなくなる)ため、株がうまく育たなくなります。

支柱立て・マルチング

ピーマン・パプリカの支柱立て

主茎が伸びたら垂直に立てた支柱に誘引します。

株ごとに高さ90cmの支柱を立てて主茎を紐で固定し、さらに支柱を横に渡して補強しておきます。

また、株元に稲わらなどを敷いてマルチングしておきます。乾燥を防ぎ、夏場の雑草対策にもなります。

パプリカなど、品種によっては枝が横に広がり、強風や実の重さで株が倒れたり、枝が折れたりすることがあります。その場合は、畝のまわりに支柱を立て紐で囲い、側枝をひもで支えるようにしてやります。

整枝・摘芯

ピーマン・パプリカの整枝・摘芯

1番花のすぐ下で分かれる2本の側枝を伸ばし、その下のわき芽を全て摘み取って3本仕立てにします。

その後も、茎がV字型に2つに分かれ、その茎がまた2つに分かれて、どんどん茎をふやしていきます。果実はその分岐点に付きます。

放っておくと過繁茂になり、風通しが悪く病害虫の被害を受けやすくなります。また、実がつきすぎて樹が弱ってきます。

そのため、葉が茂りすぎると枝を間引いたり、収穫の時に内側に向かって伸びる茎を摘芯して花の数を減らしてやります。

追肥・水やり

植え付けの1ヶ月後から2週間に1度のペースで追肥します。

また、乾燥が続くと奇形果やカルシウム不足による尻腐れ果ができるため、少雨の夏はしっかりと水やりをします。(過湿にも弱いので、水やりは乾燥した時だけ)

どんどん実がつく

ピーマンの開花
ピーマンの結実

やがて、ピーマンの花がたくさん咲き、それぞれ結実して小さな実がつきだします。

収穫

収穫適期のピーマン
ピーマン収穫の際、わき芽を摘む
収穫期のピーマン

ピーマンは開花から15〜20日、パプリカは40〜50日で収穫適期。

収穫の際、枝が弱くて折れやすいのでハサミで切って収穫します。また、収穫の度に内側のわき芽は摘み取っておきます。

この後、秋まで収穫可能です。株が疲れてきたら実が小さいうちに採ると、また株が元気になります。

ピーマンやパプリカは、未熟でも完熟でも食用に適するため、収穫時期は選びません。このため、樹勢が弱いときは幼果まで含めて若採りし、逆に樹勢が強いときは40日以上かけて完熟させて収穫するなど、株の生育をコントロールします。

カラーピーマン、パプリカは完熟してから収穫

色付きはじめたパプリカ
色付いたパプリカ
赤・黄・オレンジに完熟したパプリカ

カラーピーマン、パプリカは、ピーマン同様に最初は緑色の実をつけます。

そこからさらに置いておくことで実が熟して色がつき始め、完熟して赤・黄・オレンジになってから収穫します。

尚、ピーマンもパプリカも、採り遅れると果皮のツヤがなくなり、シワが寄ってしまうので、光沢とハリのあるうちに収穫しましょう。

発生しやすい病害虫

ピーマン・パプリカに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

青枯病(あおがれびょう)

元気だった株が急にしおれ、青みを残したまま枯れてしまいます。

⇛ 青枯病の症状と対策・予防法

萎凋病(いちょうびょう)

下葉から黄化してしおれ、生育不良となり枯れてしまいます。

⇛ 萎凋病の症状と対策・予防法

疫病(えきびょう)

葉に水がしみたような暗緑色の病斑が現れ、裏面には白いカビが発生、やがて枯れます。

⇛ 疫病の症状と対策・予防法

黄化えそ病

葉が黄化してえそ斑点を生じ、症状が激しいと株全体が枯れてしまいます。

原因ウイルスをミナミキイロアザミウマが媒介します。

⇛ 黄化えそ病の症状と対策・予防法

尻腐れ病(しりくされびょう)

ピーマンのお尻が茶色くなって腐ります。

⇛ 尻腐病の症状と対策・予防法

苗立枯病(なえたちがれびょう)

地ぎわ付近の茎や根が腐敗し、やがて株全体が枯れます。

⇛ 苗立枯病の症状と対処・予防法

モザイク病

葉に濃淡のモザイク模様が現れ、ひどくなると葉は縮れて奇形化します。

原因ウイルスをアブラムシが媒介します。

⇛ ウイルス・モザイク病の症状と対処・予防法

害虫

ミナミキイロアザミウマ

新芽や新葉のすき間に体長1〜2mmの小さな成虫や幼虫が寄生し、吸汁加害します。

黄化えそ病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アザミウマの特徴と対策・予防法

モモアカアブラムシ

体長1〜4mmの小さな虫が集団で棲みつき、吸汁加害します。

モザイク病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アブラムシの特徴と対策・予防法

ホオズキカメムシ

ピーマンに寄生するカメムシ

亀のような形をした昆虫が、つぼみや果実を吸汁加害します。

⇛ カメムシの特徴と対策・予防法

タバコガ

ピーマンを食害するタバコガ

緑色をしたイモムシ状の幼虫が、ピーマンの果実に潜り込んで食害します。

⇛ タバコガ類の特徴と対策・予防法

チャノホコリダニ

肉眼で見えないほど小さい虫が、葉に吸汁加害します。

⇛ ハダニの特徴と対策・予防法

テントウムシダマシ

テントウムシダマシ

益虫のテントウムシと違い、黒い斑点が28個と多いのは害虫のテントウムシダマシ。葉を食害します。

⇛ テントウムシダマシの特徴と対策・予防法

ナメクジ

新芽や若葉などの柔らかい葉を舐めるように食害します。

⇛ ナメクジの特徴と対策・予防法

ハモグリバエ

ハクサイについたハモグリバエ

乳白色の幼虫が歯肉の中から葉を食害し、葉の表面に絵を描いたような白い筋状の食痕を残します。

⇛ ハモグリバエの特徴と対策・予防法

このページをシェアする