ウイルス・モザイク病の症状と対策・予防法

ウイルスを病原菌とし、さまざまな症状を引き起こす「ウイスル・モザイク病」。

その症状と発生原因、対策・予防法をまとめています。

ウイルス・モザイク病の症状

じゃがいもに発生したウイルス・モザイク病

ウイルスを病原菌とする病気には、次のような症状があります。

  • 萎黄病・・・葉・茎が黄変する
  • 萎縮病・・・葉・茎が成長せずに萎縮する
  • モザイク病・・・葉に濃淡のモザイク状(まだら模様)の病斑が現れる
  • 葉巻病・・・葉が巻いて委縮する
  • 輪紋病・・・黄色〜黄緑色の輪紋が現れる

ウイルスと植物の組み合わせによって症状もさまざまで、軽症なものから深刻なものまで、また、保菌していても発症しないこともあります。

比較的雨の少ない年の9月から11月に発生しやすい傾向があります。

発症すると、成長が阻害され、収穫量や品質が低下します。

主な原因と伝染経路

ウイルス病を引き起こす一般的な原因としては、アブラムシによる伝染経路が挙げられます。

アブラムシは病株の汁液を吸うことで感染し、次に健全株の汁液を吸うことでウイルスを媒介します。

⇛ アブラムシ被害の症状と対策・予防法

他に、作業に使った道具(ハサミなど)や人の手に汁液が付着することでも媒介してしまいます。

また、病気にかかった種や球根は放置すると再発するので注意が必要です。

モザイク病被害の様子

ジャガイモに発生したモザイク病

じゃがいも モザイク病
じゃがいも モザイク病 黒褐色の斑点
じゃがいも モザイク病

病原ウイルスや品種により症状は異なりますが、葉にモザイク状の模様が現れる、黒褐色の斑点が現れる、葉が縮れて小さいなどの症状が見られます。

栽培したジャガイモの種芋を使う場合は、既にウイルス病に掛かっていることもあるため、無病の種芋(検定イモ)を使う方が無難です。

⇛ ジャガイモの栽培方法・育て方のコツ

マクワウリに発生したモザイク病

マクワウリに発生したモザイク病
マクワウリに発生したモザイク病

初期症状で葉に黄色斑点ができ、やがてモザイク模様となります。

⇛ マクワウリの栽培方法・育て方のコツ

ニンニクに発生したモザイク病

モザイク病に掛かったニンニク

葉脈に沿った緑色濃淡のモザイク模様が現れ、葉に萎縮・ねじれが見られます。

アブラムシが媒介する以外に、植えつけた種球がすでに感染している場合があります。

⇛ ニンニクの栽培方法・育て方のコツ

ウイルス・モザイク病の対策・予防法

対策

ウイルス病は感染すると治療する方法がありません。

他の株へ伝染するのを防ぐため、病株は抜き取って焼却処分します。

予防法

主にアブラムシがウイルスを伝播するので、アブラムシの防除を徹底します。

防虫ネットのトンネルを掛けたり、シルバーマルチを敷いて飛来を防ぐなどが有効です。

⇛ アブラムシ被害の症状と対策・予防法

また、病株を駆除したあと、道具は消毒して手はよく洗うなど、伝染源を絶つことが大切です。

ダイコンやハクサイなどには、抵抗性品種もあります。

病害虫の参考リンク

このページをシェアする