ゴーヤ(ニガウリ)の病気と害虫

ゴーヤ(ニガウリ)の病害虫

ゴーヤ(ニガウリ)栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

ゴーヤ(ニガウリ)の栽培方法・育て方のコツゴーヤ(ニガウリ)の栽培方法・育て方のコツ

病気

ゴーヤに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

うどんこ病

葉の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。

⇛ うどんこ病の症状と対策・予防法

炭疽病(たんそびょう)

葉、茎、果実に発生し、葉では水浸状の斑点が灰褐色、灰白色になり、同心輪紋状になります。

⇛ 炭疽病の症状と対策・予防法

その他の病気

つる枯病茎の地ぎわが黄褐色になり病斑部が軟化腐敗します。
つる割病日中に下葉がしおれ夜に回復することを繰り返しながら、しおれが株全体に広がっていきます。

害虫

ゴーヤに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

オオタバコガ

ゴーヤを食害するオオタバコガの幼虫

暗緑色〜茶褐色のイモムシ状の幼虫が、蕾や果実を食害します。

⇛ タバコガ被害の特徴と対策・予防法

ハスモンヨトウ

ハスモンヨトウ(ヨトウムシ)

茶色でイモムシ状の幼虫が葉を食害します。

⇛ ヨトウムシ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

ワタアブラムシ体長1.5mmほどで緑色の小さな虫が、葉裏に群生して吸汁加害します。
ウリハムシオレンジ色の甲虫が葉を食害します。
ゴーヤ(ニガウリ)の栽培方法・育て方のコツゴーヤ(ニガウリ)の栽培方法・育て方のコツ