スイカの栽培方法・育て方のコツ

スイカの栽培方法・育て方のコツ

家庭菜園の初心者の方向けに、スイカの栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

スイカ栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

スイカ栽培の特徴

スイカ栽培の様子
種類科目好適土壌pH連作障害
スイカウリ科6.0〜6.5あり:輪作年限4〜5年

スイカはツルが旺盛に伸びるので、栽培するには広い面積が必要です。また、強い日光を好むので日当たりの良い場所を選びましょう。

家庭菜園で作るなら、植え付けから収穫までの期間が短く、食べ切りサイズがたくさんできる小玉スイカがオススメです。

連作すると「つる割れ病」が出やすいため輪作年限はしっかり守りましょう。連作障害対策として接木苗を使うことも有効です。

定植後は、摘芯やわき芽かきなど、一手間かけると実つきが良くなります。

栽培のポイント
  • 高温と強い光を好むので、日当たりの良い場所に植え付ける
  • 実つきを良くするため、摘芯と芽かきを行う

スイカの栽培時期

スイカの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

4月初旬にポットに種を蒔いて育苗し、5月中旬に畑に定植、8月頃の収穫です。

スイカの栽培時期・栽培スケジュール

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

スイカの栽培方法

スイカの栽培方法は、次のような流れになります。

種まき・育苗

ポットに1〜2粒ずつ種をまき、厚さ1cmほどの覆土をして、たっぷりと水をやります。

本葉が出たら間引いて1本立ちにします。

ポット苗は、そのまま暖かい環境で育て、本葉4〜5枚の苗に仕上げます。

育苗のポイント
  • 日光には充分当てるが、高温になりすぎないよう換気に注意
  • 夜に水分が多いと徒長の原因になるため、水やりは朝に行う

土作り

植え付け3週間前に堆肥を、2週間前に石灰を入れて耕しておきます。

pHは6.0〜6.5が目安です。

その後、植え付け1週間前に元肥を入れ、株間100cmを確保して畝を立てます。

肥料

スイカは、生育初期に肥料が多すぎると「つるぼけ」を起こして果実が付きにくくなります。

そのため、元肥は控えめに、着果後の追肥で調整しましょう。

肥料は「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

連作障害

スイカは連作障害が出やすいため、同じ場所での栽培間隔を4〜5年あけるようにします。

心配な場合は、接木苗を利用すると安心です。

また、コンパニオンプランツとして「ネギ」を一緒に植えると、土壌病害の発生を抑えることができます。

植え付け

本葉が4〜5枚出たら畑に定植します。

育つとツルが広がるので株間は100cm以上あけるようにし、定植後たっぷりと水をやります。

注意

苗は深植えしすぎないこと。特に接木苗は接木部分を埋めると台木の芽が伸びてくることがあるので注意。

尚、スイカは高温を好むので、植え付けは気温が十分に高くなってから。必要であれば穴あきビニールトンネルを掛けて保温しておきましょう。

被覆資材の種類とトンネルの掛け方被覆資材の種類とトンネルの掛け方

整枝・摘芯

スイカは次のようにツルを整枝し、子づるを3本仕立てにします。

  • 親づるは、5〜6節目で先端を摘心
  • 子づるは、勢いのよい3本を残して取り除く
  • 孫づるは、全て取り除く(目標果が着果した後は放任で構わない)
MEMO

親づるの1節目から出ているツル、株元から出ているわき芽は、小さいうちに取り除いておきましょう。

スイカの整枝・摘心

ツルの整枝が遅れると、次々にツルが発生してわからなくなるので、適時行うようにしましょう。

スイカ栽培の畝がツルで覆われている様子

敷きワラマルチ

葉が茂ってきたら、株元からツルが伸びる方向に敷きワラをします。

スイカの畝に敷きワラマルチ

ツルがワラに巻きヒゲを絡ませて伸長するので、地表に固定されて風雨にも強くなります。

また、実がなってから収穫まで、実の下にワラや刈草などを敷いておくことで、だんご虫が皮を食害し、そこからカビが侵入するのを防ぐ効果もあります。

敷きワラの代わりとなるマルチシートも販売されており、手軽でオススメです。

人工授粉

着果したスイカ

スイカは、受粉しないと果実が肥大しません。

ハチやアブなどの昆虫によって放っておいても自然に受粉しますが、虫の飛来が少ない家庭菜園などでは、確実に着果させるために人工授粉しておきます。

晴天の早朝、雄花をとり、雌花に雄しべをこすりつけて受粉させます。(花のガクの下に膨らみがあるのが雌花、ないのが雄花です。)

尚、早い時期に子づるの低節につく雌花はいい果実にならないので早めに摘花しておき、摘花した節から5〜10節目についた雌花に人工授粉させます。

追肥

スイカがピンポン玉の大きさになったら追肥

スイカの追肥は1回だけ。

果実が鶏卵大になった頃、株元の周りに追肥を施します。

MEMO

吸肥力が強いスイカは、肥料が多すぎるとつるぼけを起こし着果しにくくなります。果実が鶏卵大になれば着果は間違いなし。果実の肥大期は株に大きな負担が掛かるので、このタイミングの追肥で草勢を保ちます。

摘果

スイカがソフトボール大で1個残して摘果

実がついてきたら、1本のツルに2個の実を残して摘果します。

さらに、実がソフトボール程度に肥大した頃、形の良い方を1個残して摘果します。(小玉スイカの場合は2個とも残します。)

着果以降に咲いた雌花は、受粉しないように摘み取っておきましょう。

玉直し

玉直しは、実の色むらを防ぎ、実の形をよくするための作業です。

スイカは地面に這って成長するため、実が地面に接している部分には日が当たらず、色がまだらになってしまうことがあります。

スイカの玉直しで着色を均一にする

実がソフトボール大くらいになったら、実の位置を変える「玉直し」を行いましょう。

また、実が土に触れていると病気や害虫発生の一因になるため、土に触れていたら実の下にワラを敷き直しておきましょう。

尚、勢いよく動かすとヘタが取れてしまうので慎重に行いましょう。

地這栽培果実用の台座/マットを使うと、色むら防止・土との接地面腐敗防止にもなり便利です。

収穫

小玉スイカの収穫

品種にもよりますが、大玉は開花から40〜45日、小玉は30〜35日が収穫の目安。(写真は小玉スイカ)

スイカの実が十分な大きさになったら、次のように収穫タイミングを判断します。

収穫適期のサイン
  • 実の肩(ツルに近い上の方)を叩いて低い音がする(コンコンと高い音だとまだ早く、ベンベンと低くて鈍い音がします)
  • 実がなっている節から出た巻きひげが根元まですっかり枯れている

収穫時期になれば、ツルをハサミで切って収穫します。

MEMO

スイカは収穫時期の見極めが難しい野菜です。収穫が遅れると実が柔らかくなり味がボケてしまいます。きっちり管理する場合は、人工授粉した日付をラベルに記入してツルに巻きつけておきましょう。

トラブル・生育不良

スイカ栽培によくある、トラブル・生育不良などをまとめています。

実の形がいびつ

受粉が不完全なことが原因です。人工授粉することで確実に受粉させましょう。

また、実が大きくなってきたら、2週間に1回ほど位置を変えてまんべんなく日を当てる(玉直し)と、全体が緑色に色づいた。形の良いスイカになります。

果肉が崩れ、粉っぽい

収穫が遅すぎたことが原因です。

スイカは収穫時期を見極めることが難しいため、人工授粉した日をラベルに書く、叩いて音を聞く、巻きひげの枯れ具合を見るなどして、採り遅れのないようにしましょう。

割果・裂果(スイカが割れている)

スイカの裂果・割果

スイカの実に亀裂が入る「割果・裂果」。

主な原因は、土壌水分の急激な変化にあります。

乾燥が続いたあとに急な降雨があると、実が内側から一気に肥大するのに、果皮の成長がついていけず、亀裂が入ります。

また、肥料が急に効き始めた、日中温度の上昇などでも同様に、果実が急生長することで裂果してしまうことがあります。

発生しやすい病害虫

スイカに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

炭疽病(たんそびょう)

葉や茎、果実に水浸状で褐色の病斑ができ、その上に黒い小さな点を生じます。

⇛ 炭疽病の症状と対策・予防法

つる割病

葉がよじれて枯れます。

茎は黄褐色になってヤニを出し、白色から淡紅色のカビが生えます。

⇛ つる割病の症状と対策・予防法

その他の病気

うどんこ病葉の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。
疫病葉、茎に暗緑色の病斑ができます。果実には水浸状の凹んだ病斑ができ急に拡大していきます。
黄化えそ病葉が黄化してえそ斑点を生じ、症状が激しいと株全体が枯れてしまいます。原因ウイルスをミナミキイロアザミウマが媒介します。
つる枯病葉に褐色の病斑、ツルには水浸状の病斑ができて次第に拡大し、やがて株全体が萎れて枯れます。
苗立枯病苗の茎の地際部が褐色になって腐り、やがて枯れてしまいます。

害虫

ワタアブラムシ

体長1〜2mmの小さな虫が集団で棲みつき、吸汁加害します。

多発すると「すす病」を誘発するので注意。

⇛ アブラムシ被害の特徴と対策・予防法

ウリハムシ

スイカの葉についているウリハムシ

体長7〜8mmで茶色の甲虫が、葉を食害して穴だらけにしてしまいます。

⇛ ウリハムシ被害の特徴と対策・予防法

ナミハダニ

肉眼で見えないほど小さい虫が葉裏に寄生して吸汁加害し、葉に白い斑点ができます。

ビニールトンネルなどの雨よけをかぶせると生育や実つきがよくなりますが、ハダニがつきやすくなります。

⇛ ハダニ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

ミナミキイロアザミウマ体長1〜2mmの小さな成虫や幼虫が寄生し、吸汁加害します。黄化えそ病のウイルスを媒介するため注意。
オオタバコガイモムシ状の幼虫が蕾や果実を食害します。