イチゴの栽培方法・育て方のコツ(露地栽培)

イチゴの栽培方法

家庭菜園の初心者の方向けに、イチゴの栽培方法(露地栽培)を写真とイラスト付きでまとめています。

イチゴ栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

イチゴ栽培の特徴

イチゴ栽培の様子

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
イチゴ バラ科 5.5〜6.5 あり:輪作年限1〜2年

イチゴは冬の果物と思われがちですが、あれはハウス栽培によるもので、家庭菜園の露地栽培では5月〜6月が収穫時期です。

イチゴは多年草で、1つの株から次々と子苗ができ、何年も栽培することができます。

家庭菜園でイチゴ栽培を始めるには、まずは市販の苗を秋に植え付け、翌年春に収穫。収穫後にできる子苗をとって次の栽培に繋げます。

また、イチゴは果実の形質や生育特性の異なるたくさんの品種がありますが、初心者の方には旬の時期に収穫できる「一季なり」の品種がオススメです。

  • 一季なり・・・1年に1度、旬の時期に収穫することができるイチゴ
  • 四季なり・・・寒い時期を除いて年中花が咲き、収穫時期が長いイチゴ
栽培のポイント
  • 土に空気が入り、根がよく張って成長するように、高畝にする
  • ランナーの反対側に実がつくので、収穫しやすい方向で植える
  • マルチを張るのは、冬の寒さに当てた後、春先になってから

イチゴの栽培時期

イチゴの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

秋に植え付け、翌年5月〜6月に収穫。収穫後に子株を育てて、次の栽培に繋げます。

イチゴの栽培時期・栽培スケジュール

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

イチゴの栽培方法

イチゴの栽培方法は、次のような流れになります。

苗の準備

イチゴの苗

イチゴの苗は、10月頃になると種苗店やホームセンターで販売されます。

翌年度からは、収穫後にできる子苗を育てて使うことができます。

土作り

根が張ってよく成長するように高畝にします。

イチゴの根は肥料やけしやすいため、元肥は植え付けの2週間前には施しておきましょう。

pHは5.5〜6.5が目安です。

肥料

肥料には「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

連作障害・コンパニオンプランツ

イチゴは、連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を1〜2年あけるようにします。

イチゴと相性のいいコンパニオンプランツには「ニンニク」があります。

イチゴのそばにニンニクを植えると、開花が早くなり収穫期間が伸びて収量が増えます。また、ニンニクの香り成分「アリシン」には強い抗菌力があり、イチゴの病気(萎黄病、炭疽病、灰色かび病など)を抑える効果もあります。

植え付け

イチゴ苗のクラウンとランナー
イチゴ苗の植え付け
イチゴ苗の植え付け向き(ランナーの反対側に実ができる)

ポットから苗を外して株間30cm〜40cmで植え付け、たっぷりと水をやります。

植え付けの際には、葉の付け根部分(クラウン)が土に埋まらないよう浅めに植え付けましょう。クラウンは新しい芽が出る、大切な成長点です。

また、イチゴはランナー(親株側)と反対側に花房(果実)がつきます。そのため、ランナーを畝の内側に向けて植えることで、収穫作業がやりやすくなります。

MEMO
市販の苗の多くは親株側のランナーを長めに残しています。自分で子苗をとるときも同様にすると植え付け時の目印になります。

冬の管理作業

気温が下がり日長が短くなると、クラウン内に花芽を形成します。さらに寒くなると、成長を止めて休眠し、葉を地面に張り付け(ロゼッタ状になる)て、冷たい風から身を守ります。

冬はロゼッタ状になるイチゴ

寒さで枯れた下葉や赤く変色した葉は、そのままにしておくと病害虫発生の要因になるため、付け根から取り除いておきます。

イチゴの枯れた下葉、赤く変色した葉は取り除く

また、この時期に花がつき始めることもありますが、この時期の花は摘み取って、株を充実させるようにしましょう。

追肥・マルチング

冬越しして休眠が明ける2月中旬頃、株間に追肥を施します。

追肥を終えたらマルチを張り、地温を上げて花芽の生長を促します。

マルチに穴をあけてイチゴ苗を外に出す
イチゴの畝に黒色マルチング

苗の部分に十字に穴をあけ、苗を傷めないように注意して穴から茎葉を引き出します。

MEMO
イチゴは冬期は休眠状態となり、一定期間、低温に十分にさらされることで休眠から覚める性質があります。マルチをせずに植えつけて、春先にマルチを敷くのは、冬の間に寒さに当てるため。休眠から目覚めると一気に成長が進みます。

マルチングには、地温を上げる効果と、雨水の跳ね返りを防いで病気や果実の腐敗を防ぐ効果があります。

また、春からは雑草が増えるので、雑草抑制の効果が高い黒色マルチが最適です。

人工授粉

イチゴの花

イチゴの露地栽培では、ミツバチなどの虫や風によって自然に受粉が行われます。

しかし、花が早く咲いて訪花昆虫がいない時は、花を揺すったり、筆を使って雌しべに花粉をつけて人工授粉しておきましょう。

MEMO
受粉がうまくいかなかった場合は肥大しないので、奇形になり、かたくて美味しくありません。

イチゴの花は、雄しべと雌しべの両方を備えた「両性花」で、同じ花の雄しべと雌しべで受粉することで実を付けます。

イチゴの花の雄しべと雌しべ

花の中心にあるのが「雌しべ」、その周りを囲っているのが「雄しべ」です。

ランナー摘み・わき芽かき・摘果

適切な管理作業で、栄養を実に集中させます。

ランナー摘み

生育が盛んになってくると、次々とランナーが伸び出します。

不要なランナーはかき取る

そのままにしておくと栄養がランナーに取られて美味しい実ができないので、伸び出したランナーはこまめに株元から摘み取ります。

わき芽かき

主幹のまわりから、次々とわき芽が出てきます。

イチゴのわき芽(脇芽)

わき芽を残しておくと葉や実の数は増えますが、一粒一粒のイチゴが小さくなってしまいます。

量よりも質を優先して栽培するなら、芽の数は1つか2つだけを残して、他のわき芽は随時かき取っておきましょう。(品種にもよります)

摘果

受粉がうまくいかず、いびつな実は、小さいうちに摘み取っておきましょう。

鳥害対策

実が赤く色づいてくると、カラスなどの鳥が実をつつきにきます。

カラスに食べられたイチゴ

畝全体にネットを掛けて予防する場合、受粉を助ける訪花昆虫が出入りできるよう、格子の大きい防鳥ネットを掛けておきましょう。

イチゴに防鳥ネットをトンネル掛けして鳥害対策

収穫

イチゴが結実して実がなるところ
赤く熟して収穫適期のイチゴ

開花から30〜40日くらいで実が熟してきます。

実にかぶさっていたヘタが反りかえったら熟したサイン。ヘタの近くまで赤くなったものから、収穫していきます。

傷んだり、変形した実は早めに取り除いて、キレイな実を育てるようにしましょう。

子株づくり

収穫が終わったら、来シーズン用の苗を作ります。

健康な株を親株に残し、そこから伸び出すランナー(走りづる)の先につく子株を育てて苗にします。

収穫後にイチゴのランナーを伸ばす
イチゴのランナーにできる子株

親株から1番目の子株は親株から病害伝播の可能性があるので、苗として利用するのは2番目と3番目。

イチゴの子株づくり(親株から2番目と3番目を選ぶ)

本葉3〜4枚になったら、親株側のランナーを2cmほど残して切ります。反対側のランナーは付け根で切って、根を傷めないように掘り上げ、苗床へ植え付けて育てます。

イチゴの子株を苗床に植え替える

苗床を作る際は、肥やけを起こさないよう、植え付け2週間前には堆肥と元肥をすき込んでおきましょう。

育ち具合を見て1〜2回、株間に追肥を施し、大きな苗に育てます。

MEMO
こまめに下葉をかきとり、新しい葉4〜5本の状態を保つようにします。風通しが良くなり、徒長を防ぎ、クラウンが太くてしっかりした苗に育ちます。

そして、植え付け適期の10月に、できあがった苗を畑に植え付けて、以降は同様の工程を繰り返します。(→ 植え付け

生育不良・生理障害

イチゴ栽培によくある、生育不良・生理障害をまとめています。

奇形果

実の形がでこぼこ、先端の着色が悪いといった症状は、受粉がうまくいかなかったことが原因です。

イチゴの花は、中心にある200〜400本の雌しべを雄しべが取り巻いていて、自家受粉で結実します。

イチゴの花の雄しべ・雌しべ

形の整った実にするには、全ての雌しべが受粉する必要があるため、訪花昆虫が少ない場合は、花を揺すったり、筆で花の中心をなでて人工授粉させましょう。

発生しやすい病害虫

イチゴに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

萎黄病(いおうびょう)

葉が黄色くなってしおれ、3枚の小葉のうち1枚が小型化するのが特徴です。

⇛ 萎黄病の症状と対策・予防法

うどんこ病

葉や茎、果実の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。

⇛ うどんこ病の症状と対策・予防法

炭疽病(たんそびょう)

葉や葉柄、茎に黒褐色のくぼんだような斑点が生じ、ひどくなると株は枯れます。

⇛ 炭疽病の症状と対策・予防法

その他の病気
ウイルス病 葉の黄化やねじれ、株全体が萎縮します。原因ウイルスをアブラムシが媒介します。
灰色かび病 果実に水浸状の病斑が生じ、広がって腐敗します。
輪斑病 葉に紫褐色の病斑が生じ、拡大すると中心部が壊死します。

害虫

アブラムシ

イチゴに群棲するワタアブラムシ

茎や葉に、緑色や褐色などの小さな虫が群棲し、吸汁加害します。(写真はワタアブラムシ)

すす病を誘発することもあるので、注意が必要。

⇛ アブラムシ被害の特徴と対策・予防法

ハスモンヨトウ

ハスモンヨトウ(ヨトウムシ)

緑色〜茶色でイモムシ状の幼虫が、新葉、蕾、花などを食害します。

⇛ ヨトウムシ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫
コナジラミ 葉裏に体長1〜2mmで白い羽の虫が群棲し、葉を吸汁加害します。
ハダニ 体長0.5mmほどの赤い小さな虫が葉裏に寄生して吸汁加害し、葉の色素が抜けます。
ネグサレセンチュウ 根に入り込み、根は黒変し、被害株は腐敗・壊死します。
ドウガネブイブイ 幼虫が仮植苗の根を食害します。
ナメクジ 新芽や若葉、花や実をなめるように食害します。