アサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)の栽培方法・育て方のコツ

アサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)

家庭菜園の初心者の方向けに、アサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)の栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

アサツキ・ワケギ栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

どちらも栽培方法はほぼ同じなので、このページでまとめて紹介します。

アサツキ・ワケギ栽培の特徴

アサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)をプランターで栽培している様子

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
アサツキ
ワケギ
ネギ科 6.0〜6.5 あり:輪作年限1年

アサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)はネギの一種で、プランターなどでも簡単に栽培可能。

分けつ力が旺盛で次々に採れるので、葉ネギの代わりに重宝します。

収穫期が過ぎて葉が枯れたら、次の年用に種球を採ることもできます。

栽培のポイント
  • 肥料が好きなので、元肥は多めに鋤き込んでおく
  • 畑で栽培する期間が長いため、マルチをすれば雑草予防ができて管理がラク
  • はじめに種球を入手すれば、2年目からは掘り起こした種球を利用可能

アサツキ(浅葱)とワケギ(分葱)の違い

アサツキとワケギは、葉ネギ(万能ねぎ)と同じく、主に薬味用として細かく切って使いますが、それぞれ違う植物です。

アサツキ、ワケギを良く見てみると、アサツキ(写真左)は葉に筋があり、ワケギ(写真右)はツルツル。

アサツキ(浅葱)とワケギ(分葱)の見た目を比較

食べてみると、アサツキはネギよりもネギ臭さが少なく、若干苦味があり、個人的には好み。我が家では薬味だけでなく、ご飯にぶっかけて食べたりと欠かせない存在です。

⇛ 浅葱(あさつき)の美味しい食べ方レシピ

また、葉ネギは種から育てますが、アサツキ、ワケギは球根から育てます。

アサツキ(浅葱)

アサツキは、ネギ属エゾネギの変種。もともとは野草の一種で、山野で自生しています。

ネギ(葱)よりも色が浅いことから、浅葱という名前の由来になっています。

ワケギ(分葱)

ワケギは、ネギ属ワケギ。ネギとタマネギの交雑種です。

また、西日本では、薬味に使う細いネギを総称して「ワケギ」といいます。(アサツキ/ワケギの区別なし)

アサツキ・ワケギの栽培時期

アサツキ・ワケギの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

アサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)の栽培時期・栽培スケジュール

8月〜9月頃に植え付け、秋と春の年2回収穫することができます。

また、6月に球根を掘り起こして保存しておくことで、2年目からはその種球を利用することができます。

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

アサツキ・ワケギの栽培方法

アサツキ・ワケギの栽培方法は、次のような流れになります。

種球の準備

アサツキ(浅葱)の種球
ワケギ(分葱)の種球

アサツキ・ワケギの種球は、8月頃になると種苗店やホームセンターで販売されます。

前年に栽培して掘り上げ、保存していたものを種球として利用する場合は、小さいものや枯れているものを取り除き、大きくてハリのあるものを選びましょう。

土作り

植え付け3週間前に堆肥を、2週間前に石灰を入れて耕しておきます。

pHは6.0〜6.5が目安です。

その後、植え付け1週間前に元肥を入れ、株間10cm(アサツキ)/株間15cm(ワケギ)を確保して畝を立てます。

また、マルチングしておくと雑草抑制になり、後々の管理に手間が掛かりません。

その際は、タマネギ用の穴あきマルチ(株間15cm)を利用すると、穴をあける手間が省けて便利です。

肥料

肥料が好きなので、元肥は多めに施しておきます。

ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

植え付け

植えやすいように、種球を1球ずつに分けます。

アサツキ(浅葱)の種球を1球ずつに分ける
ワケギ(分葱)の種球を1球ずつに分ける

株間10cm(アサツキ)/株間15cm(ワケギ)で、芽(尖った方)を上にして、1穴に2球ずつ植え付けます。

アサツキ(浅葱)の種球を植え付け
ワケギ(分葱)の種球を植え付け

種球を植え付ける深さは、土の表面に種球の先端がやや見える程度の浅植えにします。

連作障害・コンパニオンプランツ

アサツキ・ワケギは、連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を1年あけるようにします。

また、ネギ(アサツキ・ワケギ)の根には、土壌病害を抑える効果のある拮抗菌が共生しているため、コンパニオンプランツとしての利用もオススメです。

追肥・土寄せ

アサツキ(浅葱)の条間に追肥
ワケギ(分葱)の条間に追肥

草丈10〜15cmの頃、葉色が悪ければ追肥を施します。

その際、株元に軽く土寄せをしておきます。

収穫

アサツキ(浅葱)の葉を切って収穫
収穫したアサツキ(浅葱)

ワケギ(分葱)の葉を切って収穫
収穫したワケギ(分葱)

収穫期は秋と春の2回あります。

秋に草丈20cmになったところで、地際から3cmほど残し、葉だけを切り取って収穫します。

再び葉が伸びて何度も収穫することができますが、葉が細くなっていくので、切り取りは2回程度に留めます。

冬に葉が枯れてきたら収穫期は終わり。畑においたまま、種球が大きくなるのを待ちます。

春になるとまた、新芽が出てくるので同じように収穫できます。

また、根ごと掘り上げて、卵型に太った根の部分も食べることができます。

種球の掘り上げ

種球を保存する場合は、株元を残してそのまま生長させ、球根を肥大させます。

6月に入って葉が枯れ込んできたら、球根を掘り上げます。

乾燥させて、冷暗所に保存しておけば、次の植え付けに使うことができます。

発生しやすい病害虫

アサツキ・ワケギに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

萎縮病(いしゅくびょう)

株が萎縮してモザイク症状が現れます。

または、株全体が黄化して、生育不良になります。

萎凋病(いちょうびょう)

下葉から黄化してしおれ、生育不良となり枯れてしまいます。

⇛ 萎凋病の症状と対策・予防法

ウイルス病

葉に黄緑色の筋状の斑点や黄緑色と緑色のモザイク症状が現れます。

原因ウイルスをアブラムシやアザミウマが媒介します。

⇛ ウイルス・モザイク病の症状と対策・予防法

黒斑病(こくはんびょう)

ネギに発生した黒斑病

葉に淡褐色〜黒色で大きな楕円形の病斑ができます。

⇛ 黒斑病の症状と対策・予防法

さび病

オレンジ色の楕円形で、やや膨らんだ小さな斑点ができます。

⇛ さび病の症状と対策・予防法

軟腐病(なんぷびょう)

葉身基部の地ぎわ部が軟化し腐敗します。

⇛ 軟腐病の症状と対策・予防法

べと病

ネギに発生したべと病

葉に黃白色のぼやけた退色病斑ができ、灰白色の薄いカビが発生します。

⇛ べと病の症状と対策・予防法

害虫

ネギアブラムシ

体長1.8〜2mm、黒色で小さな虫が葉に群がって、吸汁加害します。

ウイルス病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アブラムシの特徴と対策・予防法

ネギアザミウマ

体長1〜2mmの小さな成虫や幼虫が葉を食害して、かすり状の白斑にします。

ウイルス病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アザミウマの特徴と対策・予防法

ネギコガ

体長7〜9mm、淡緑色で褐色の条斑がある小さな幼虫が葉を食害します。

ネキリムシ

ネキリムシ

体長4cmほどのイモムシ状の幼虫が、地ぎわで苗を噛み切ります。

育苗時に被害に遭いやすいので、注意が必要。

⇛ ネキリムシの特徴と対策・予防法

シロイチモジヨトウ、ハスモンヨトウ

ハスモンヨトウ(ヨトウムシ)

体長3〜4cmほど、淡緑〜褐色をしたイモムシ状の幼虫が、夜間に葉を食害します。

⇛ ヨトウムシの特徴と対策・予防法