パクチー(コリアンダー)の栽培方法・育て方のコツ

パクチー(コリアンダー)の栽培方法・育て方のコツ

家庭菜園の初心者の方向けに、パクチー(コリアンダー)の栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

パクチー栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

パクチー栽培の特徴

パクチー(コリアンダー)栽培の様子

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
パクチー セリ科 6.0〜6.5 あり:輪作年限1〜2年

タイではパクチー、中国ではシャンツァイ(香菜)、英語ではコリアンダーと呼ばれ、独特の強い香りでエスニック料理には欠かせないハーブ。

大きく育った葉を必要な分だけ摘み取って収穫します。

葉だけでなく、開花後に結実した種子はスパイス・香辛料としても利用できます。

丈夫で育てやすいので、家庭菜園にもオススメです。

栽培のポイント
  • 種は殻を破って水に浸けておくと発芽しやすい
  • 乾燥に弱いので、土が乾いたら適宜水やりする
  • 暑さに弱いので、盛夏は被覆資材で防暑する

パクチーの栽培時期

パクチーの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

パクチー(コリアンダー)の栽培時期・栽培スケジュール

春まきと秋まきができます。暑さに弱いので真夏は被覆資材で防暑を、冬はトンネル栽培で防寒して育てます。

暖かくなると花が咲いて枯れてしまうので、種まき時期を何回かに分けて撒くと長く収穫することができます。

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

パクチーの栽培方法

パクチーの栽培方法は、次のような流れになります。

土作り

種まきの3週間前に堆肥を、2週間前に石灰を入れて耕しておきます。

パクチーは酸性土壌を嫌うので、土壌酸性度(pH)を適正に調整しておきましょう。pHは6.0〜6.5が目安です。

その後、植え付け1週間前に元肥を入れ、条間20cmを確保して、畝を立てます。

肥料

葉を収穫する野菜なので、生育初期から窒素を切らさないようにします。

ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

連作障害

パクチーは、連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を1〜2年あけるようにします。

種まき

パクチー(コリアンダー)の種
パクチー(コリアンダー)の種まき

条間20cmでまき溝を切り、種が均等になるように条播きにします。

パクチーの種は発芽の時に光が必要な「好光性種子」なので、覆土は薄くし、しっかりと鎮圧しておきます。

発芽しやすくするために

パクチー(コリアンダー)の種を擦り合わせて殻を割る
パクチー(コリアンダー)の種を水に浸ける

パクチーの種は硬い殻に覆われているため、なかなか芽が出ません。

そこで、種を擦り合わせて殻を割り、一晩水に浸けてからまくと発芽しやすくなります。(コップなど固いものを殻に当てて転がすと割りやすいです。)

MEMO
1つの殻の中に2粒の種が入っています。擦り合わせると殻が2つにパカっと割れます。

殻を割る際に、中に入っている種を傷つけないよう注意しましょう。

育苗して植え付けも可能

パクチー(コリアンダー)をポットに種まき
パクチー(コリアンダー)の発芽
パクチー(コリアンダー)の育苗

パクチーは直根性で直播きに向きますが、ポットで育苗してから畑への植え付けも可能です。

種をポットに5〜6粒ばら撒きして、本葉が出たら間引いて2本立てに。本葉4〜5枚の苗に育ったら、株間20cmで植え付けます。

根が傷つくと生育が悪くなるので、植え付けの際に根をあまり触らないように気をつけましょう。

間引き

パクチー(コリアンダー)の間引き
パクチー(コリアンダー)間引いて最終株間に

直播きの場合は、発芽したら生育に応じて順次間引きします。

本葉2〜3枚で5cm、本葉4〜5枚で10cm、最終的に株間20cmにします。

追肥

パクチー(コリアンダー)に追肥

本葉5〜6枚の頃、株元に追肥を施します。

その後は様子を見ながら、葉の色が薄かったり黄色っぽくなっていたら、適宜追肥していきます。

敷きワラマルチ

パクチーは乾燥を嫌うので、株元に敷きワラや刈草などを敷いて湿度を保つようにします。

土が乾いていたら、適宜水やりをしておきましょう。

また、敷きワラマルチは冬場の保温、泥跳ねによる病気を防ぐので、敷いておくと安心です。

暑さ・寒さ対策

パクチーは意外と暑さに弱いので、盛夏には寒冷紗などを掛けて防暑します。

また、寒さに強いパクチーは秋まき冬採り栽培も可能です。冬に入ったら防寒のためビニールで覆ってトンネル栽培にします。

収穫

収穫適期のパクチー(コリアンダー)
パクチーの葉を摘み取り収穫

草丈が20cm以上になったら、葉をハサミや手で摘み取って収穫します。収穫後に追肥しておくと生育が衰えずに長く収穫できます。

MEMO
株元から根ごと抜き取って収穫することもできます。根の部分は香りが強く、パクチー好きな人には根付きパクチーが喜ばれます。

花が咲いて実がなると、枯れて収穫できなくなります。

長い期間、葉を収穫したい場合は、花芽を見つけたらこまめに切り取っておきましょう。

パクチー(コリアンダー)の花

種の収穫

種を収穫する場合は、花を摘まずにそのまま咲かせて結実させます。

全体的に枯れて種も茶色く乾燥したら、手で扱きとって収穫します。

収穫した種は、翌年の播種に。また料理の香辛料として使うことができます。

発生しやすい病害虫

パクチーに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

うどんこ病

葉の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。

⇛ うどんこ病の症状と対策・予防法

害虫

アブラムシ

小さな虫が葉裏に群生して、吸汁加害します。

⇛ アブラムシ被害の特徴と対策・予防法

ハダニ

小さな虫が葉裏に群棲して吸汁加害し、葉に白い斑点ができます。

⇛ ハダニ被害の特徴と対策・予防法

ヨトウムシ

イモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

⇛ ヨトウムシ被害の特徴と対策・予防法